セチュラギツネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セチュラギツネ(学名:Lycalopex sechurae)とは、イヌ科クルペオギツネ属の一種である。


セチュラギツネ
 Sechuran fox.jpg
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イヌ科 Canidae
: クルペオギツネ属Lycalopex
: セチュラギツネ L. gymnocercus
学名
Lycalopex sechurae (Thomas, 1900)
和名
セチュラギツネ
英名
w:Sechuran fox

Sechuran Fox area.png

分布[編集]

エクアドル南西部、ペルー北西部の標高1000m以上の乾燥地

体格[編集]

体長約50 - 78cm、尻尾の長さ約27 - 34cm、重さは約2.6 - 4.2kg。 毛皮のほとんどが野鼠色をした灰色で下腹部は薄い白色かクリーム色をしている。目の周りと足の耳の裏は赤茶色をしている。 口の周りは濃い灰色をし、胸に灰色を帯びていて尻尾は黒っぽい。[2]

生態[編集]

セチュラギツネは夜行性で単独で行動をするが、時折ペアで行動することもある。[3] 日和見的な捕食者で季節や生息地によって異なる。昆虫齧歯類、鳥の卵や腐った肉を食べる。

繁殖[編集]

子ギツネは10月から11月に生まれる。


脚注[編集]

  1. ^ Asa, C., Cossíos, E.D. & Williams, R. (2008年). "Pseudalopex sechurae". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2008. International Union for Conservation of Nature. Retrieved 2009年3月6日. Database entry includes justification for why this species is listed as near threatened
  2. ^ Asa, C. & Cossios, E.D.. Canids: Foxes, Wolves, Jackals and Dogs. Status Survey and Conservation Action Plan. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources/Species Survival Commission Canid Specialist Group. pp. 69–72. http://www.canids.org/cap/CANID2.pdf. 
  3. ^ Birdseye, C. (1956). “Observations on a domesticated Peruvian desert fox, Dusicyon”. Journal of Mammalogy 37 (2): 284–287. JSTOR 1376706.