セチュラギツネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

セチュラギツネ(学名:Lycalopex sechurae)とは、イヌ科クルペオギツネ属の一種である。

セチュラギツネ
 Sechuran fox.jpg
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イヌ科 Canidae
: クルペオギツネ属Lycalopex
: セチュラギツネ L. gymnocercus
学名
Lycalopex sechurae (Thomas, 1900)
和名
セチュラギツネ
英名
w:Sechuran fox

Sechuran Fox area.png

分布[編集]

エクアドル南西部、ペルー北西部の標高1000m以上の乾燥地

体格[編集]

体長約50 - 78cm、尻尾の長さ約27 - 34cm、重さは約2.6 - 4.2kg。 毛皮のほとんどが野鼠色をした灰色で下腹部は薄い白色かクリーム色をしている。目の周りと足の耳の裏は赤茶色をしている。 口の周りは濃い灰色をし、胸に灰色を帯びていて尻尾は黒っぽい。[2]

生態[編集]

セチュラギツネは夜行性で単独で行動をするが、時折ペアで行動することもある。[3] 日和見的な捕食者で季節や生息地によって異なる。昆虫齧歯類、鳥の卵や腐った肉を食べる。

繁殖[編集]

子ギツネは10月から11月に生まれる。


脚注[編集]

  1. ^ Asa, C., Cossíos, E.D. & Williams, R. (2008年). Pseudalopex sechurae. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2009年3月6日閲覧。 Database entry includes justification for why this species is listed as near threatened
  2. ^ Asa, C. & Cossios, E.D.. Canids: Foxes, Wolves, Jackals and Dogs. Status Survey and Conservation Action Plan. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources/Species Survival Commission Canid Specialist Group. pp. 69–72. http://www.canids.org/cap/CANID2.pdf. 
  3. ^ Birdseye, C. (1956年). “Observations on a domesticated Peruvian desert fox, Dusicyon”. Journal of Mammalogy 37 (2): 284–287. JSTOR 1376706.