ダーウィンギツネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダーウィンギツネ(学名:Lycalopex fulvipes)とは、イヌ科クルペオギツネ属の一種で絶滅危惧種である。

ダーウィンギツネ
 Pseudalopex fulvipes.jpg
保全状況評価[1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イヌ科 Canidae
: クルペオギツネ属Lycalopex
: ダーウィンギツネ L. fulvipes
学名
Lycalopex fulvipes (Martin, 1837)
和名
ダーウィンギツネ
英名
w:Darwin's fox

Darwin's Fox area.png

分布[編集]

チリチロエ島ロス·リオス州バルディビア海岸山脈、ラ・アラウカニア州ナウェルブータ国立公園に棲息している。[2]

生態[編集]

雑食性で哺乳類爬虫類カブトムシなどの無脊椎動物や果物を食べる。時々、鳥類両生類、腐肉をも食べる。夕暮れ時と日の出前が最も活発的に行動をし、他のクルペオギツネ属とは対照的に開けた土地を好む。

保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト2004年・2008年版では絶滅寸前(CR)の評価とされていたが、2016年版では絶滅危惧(EN)へダウンリストされた。成体の推定個体数は659頭-2,499頭とされている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Silva-Rodríguez, E, Farias, A., Moreira-Arce, D., Cabello, J., Hidalgo-Hermoso, E., Lucherini, M. & Jiménez, J. 2016. Lycalopex fulvipes. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T41586A85370871. doi:10.2305/IUCN.UK.2016-1.RLTS.T41586A85370871.en. Downloaded on 27 November 2016.
  2. ^ Farías, A.A., M.A. Sepúlveda, E.A. Silva-Rodríguez, A. Eguren, D. González, N.I. Jordán, E. Ovando, P. Stowhas. 2014. A new population of Darwin’s fox (Lycalopex fulvipes) in the Valdivian Coastal Range. Revista Chilena de Historia Natural 87:3.