フォークランドオオカミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォークランドオオカミ
FalklandIslandFox2.jpg
ジョン・ジェラード・キューレマンス英語版 (1842–1912)によるイラスト。
保全状況評価[1]
EXTINCT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イヌ科 Canidae
: Dusicyon
: フォークランドオオカミ  D. australis
学名
Dusicyon australis (Kerr1792)
和名
フォークランドオオカミ
英名
Falkland Islands wolf

フォークランドオオカミ(学名:Dusicyon australis)は、フォークランド諸島固有で、同地で唯一の在来イヌ科動物であったが、開拓移民による島の開発と狩猟によって生息数を減らし、1876年に絶滅に追い込まれた。歴史時代におけるイヌ科のの絶滅が確認されたのはこれが初めてである。Dusicyon属で唯一、現代に生息していた種であった。体長約90cm、体重約15kg程の中型犬並みの体躯であった。

伝統的には、クルペオギツネを含むLycalopex属に最も近縁であると考えられていた。しかし2009年に、DNA配列の分岐分析によって、最も近縁な現生種はタテガミオオカミであり、フォークランドオオカミとタテガミオオカミの分岐はおよそ670万年前であることが明らかになった[2]

本種は東フォークランド島西フォークランド島の両方に生息していたが、チャールズ・ダーウィンによれば、島間で分化があったかどうか不明確である[3]。毛皮は黄褐色で、尾の先は白い。食性は不明だが、フォークランド諸島に在来齧歯類がいないことから、ペンギンのような地上営巣性鳥類ジムシを含む昆虫を食べていたほか、海岸での腐肉食も行っていたと推定されている[4]。巣穴に住んでいたと言われることもある[5]

脚注[編集]

  1. ^ IUCN SSC Canid Specialist Group (2008年). Dusicyon australis. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2008年1月5日閲覧。
  2. ^ New Clues To Extinct Falklands Wolf Mystery”. EurekAlert. Science Daily (2009年11月3日). 2011年9月3日閲覧。
  3. ^ Darwin, Charles (1839). Narrative of the surveying voyages of His Majesty's Ships Adventure and Beagle between the years 1826 and 1836, describing their examination of the southern shores of South America, and the Beagle's circumnavigation of the globe. Journal and remarks. 1832–1836. (The Voyage of the Beagle). III. London: Henry Colburn. pp. 149–150. 
  4. ^ Glover Morrill Allen (June 1942). Extinct and vanishing mammals of the Western Hemisphere: with the marine species of all the oceans. Cooper Square Publishers. ISBN 978-0-8154-0433-0. http://books.google.com/?id=3G4-AQAAIAAJ 2011年9月4日閲覧。. 
  5. ^ Massam, Steve. “The Evans Warrah, The Identification”. Falkland Islands Museum and National Trust. 2011年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月4日閲覧。