スジオイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スジオイヌ
Lycalopex vetulus Carlos Henrique 2.jpeg
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目(食肉目)Carnivora
: イヌ科 Canidae
亜科 : イヌ亜科 Caninae
: クルペオギツネ属 Lycalopex
: スジオイヌ L. vetulus
学名
Lycalopex vetulus (Lund1842)
和名
スジオイヌ
英名
Hoary fox
生息域
生息域

スジオイヌ(学名:Lycalopex vetulus)とは、イヌ科クルペオギツネ属の一種である。

形態[編集]

スジオイヌは体格が小さく、短い鼻面と小さい歯を持つ。体色は灰色がかっており下面は色が薄い。脚と耳は赤みを帯びている。背中の正中線に沿って尾の先まで暗色の線が走り、脚の外側は黄色く、尾腺の上に黒い点がある[2]。上顎の裂肉歯は退化している[3]

体長は約60cmで尾長は約30cm。体重は約2.7 - 4kg[3]

分布[編集]

ブラジル中南部、ミナスジェライス州マットグロッソ州[3]

生態[編集]

スジオイヌは夜行性で繁殖期以外は単独行動をし、主に昆虫シロアリ齧歯類小鳥などを食べる。

縄張りの範囲はまちまちで、ブラジルのバイーア州南部で観察されたメスの成獣1頭は3.85平方キロメートル(= 385ヘクタール)を(Juarez & Marinho-Filho (2002))、ミナスジェライス州の牧草地で子育て中のつがい1組とその子5頭からなるある群れは計4.56平方キロメートル(= 456ヘクタール)を行動圏としていたことが観察された(Courtenay et al. (2006))一方、マトグロッソ州東部の牧草地では1家族(メス2頭、オス2頭)をなす3つの群れが見られたものの、2組のつがいの行動圏はわずかに約0.48平方キロメートル(= 48ヘクタール)しか観察されなかった(Dalponte (2003)[4]

繁殖[編集]

メスは約50日の妊娠期間あと、8月から9月にかけて2頭から4頭の子を産む。生後約4ヵ月になると子は離乳の時期を迎える。 メスは時々、他の動物の巣穴を使い出産することもある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Lemos et al. (2020).
  2. ^ Lycalopex vetulus”. University of Michigan Museum of Zoology. Animal Diversity Web. 2010年10月30日閲覧。
  3. ^ a b c D.W.マクドナルド編『動物大百科1 食肉類』 平凡社 1986年 p83。
  4. ^ Dalponte (2009:4)

参考文献[編集]

英語:

  • Dalponte, Julio C. (2009-11-25). “Lycalopex vetulus”. Mammalian Species (847): 1–7. doi:10.1644/847.1. 
  • Lemos, F.G., Azevedo, F.C., Paula, R.C. & Dalponte, J.C. (2020). Lycalopex vetulus. The IUCN Red List of Threatened Species 2020: e.T6926A87695615. doi:10.2305/IUCN.UK.2020-2.RLTS.T6926A87695615.en. Downloaded on 18 November 2020.

関連文献[編集]

英語:

  • Juarez, K. M.; Marinho-Filho, J. S. (2002). “Diet, habitat use, and home ranges of sympatric canids in central Brazil”. Journal of Mammalogy 83: 925–933. 
  • Courtenay, O.; MacDonald, D. W.; Gilligham, S. G.; Almeida, G.; Dias, R. (2006). “First observations on South America’s largely insectivorous canid: the hoary fox (Pseudalopex vetulus)”. Journal of Zoology (London) 268: 45–54. 

ポルトガル語:

  • Dalponte, J. C. (2003). História natural, comportamento e conservacão da raposa-do-campo, Pseudalopex vetulus. Ph.D. dissertation. Distrito Federal, Brazil: Universidade de Brasília 

外部リンク[編集]