クラカケヒラアジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラカケヒラアジ
Chloroscombrus chrysurus.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
上科 : スズキ上科 Percoidea
: アジ科 Carangidae
: クラカケヒラアジ属 Chloroscombrus
: クラカケヒラアジ C. chrysurus
学名
Chloroscombrus chrysurus
(Linnaeus, 1766)
英名
Atlantic bumper

クラカケヒラアジ[1](学名: Chloroscombrus chrysurus)はアジ科クラカケヒラアジ属に属する海水魚である。大西洋亜熱帯域に生息する。

形態[編集]

水族館で群れるクラカケヒラアジ

クラカケヒラアジの最大の特徴はその体の輪郭で、腹側が丸みを帯びた独特の体型をしている[2]。また、側線が頭部の近くで湾曲しているのも特徴である[2]。体色は銀色から金色と形容され、臀鰭尾鰭は黄色味を帯びる[3]。臀鰭には3本の棘と25-28本の軟条が、尾鰭には9本の棘と25-28本の軟条がある[2]。第一背鰭には8本の棘がある[1]。尾部には明瞭な黒色の鞍状斑点があり、鰓蓋の端近くにも同じような斑点がある[3]

平均的な体のサイズは全長で25 cmほどだが[4]、最大で全長65 cmに達した記録もある[5]

分布[編集]

西大西洋ではマサチューセッツからフロリダまででよくみられる[2]バミューダカリブ海メキシコ湾でも発見されており[6]、生息域はウルグアイ沿岸まで広がっている[7]。東大西洋では、モーリタニアアンゴラ沖で記録がある[2]太平洋には本種は生息せず、代わりに同属のChloroscombrus orquetaが生息している[2]。ただし、この2種の系統関係についてはまだ十分研究されておらず、同種である可能性も指摘されている[2]

カメルーンで漁獲されたクラカケヒラアジ

本種は亜熱帯の、もっとも深くて水深55mの海域から見つかっている[2]。ふつう大陸棚の海底近くに生息するが、表層近くで群れる姿も観察されている[8]。 若い個体はエスチュアリー汽水域で発見されることもある[8]

生態[編集]

本種は小型の魚や頭足類動物プランクトンなどを捕食することが知られている[9]

人間との関係[編集]

アフリカの一部では食用として重要である[10]

出典[編集]

  1. ^ a b 松浦啓一 (1983年). “クラカケヒラアジ(新称)”. スリナム・ギアナ沖の魚類. 独立行政法人 水産総合研究センター 開発調査センター. 2019年5月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Fishbase.org entry on Atlantic bumper”. 2008年5月14日閲覧。
  3. ^ a b Research.myfwc.com entry on Atlantic bumper”. 2008年5月14日閲覧。
  4. ^ zipcodezoo.com entry on Atlantic bumper”. 2008年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月15日閲覧。
  5. ^ Daget, J. and W.F. Smith-Vaniz, 1986. Carangidae. p. 308-322. In J. Daget, J.-P. Gosse and D.F.E. Thys van den Audenaerde (eds.) Check-list of the freshwater fishes of Africa (CLOFFA). ISNB, Brussels; MRAC, Tervuren; and ORSTOM, Paris. Vol. 2.
  6. ^ Cervigón, F., 1993. Los peces marinos de Venezuela. Volume 2. Fundación Científica Los Roques, Caracas, Venezuela. 497 p.
  7. ^ Smith, C.L., 1997. National Audubon Society field guide to tropical marine fishes of the Caribbean, the Gulf of Mexico, Florida, the Bahamas, and Bermuda. Alfred A. Knopf, Inc., New York. 720 p.
  8. ^ a b Cervigón, F., R. Cipriani, W. Fischer, L. Garibaldi, M. Hendrickx, A.J. Lemus, R. Márquez, J.M. Poutiers, G. Robaina and B. Rodriguez, 1992. Fichas FAO de identificación de especies para los fines de la pesca. Guía de campo de las especies comerciales marinas y de aquas salobres de la costa septentrional de Sur América. FAO, Rome. 513 p. Preparado con el financiamento de la Comisión de Comunidades Europeas y de NORAD.
  9. ^ Diouf, P.S., 1996. Les peuplements de poissons des milieux estuariens de l'Afrique de l'Ouest: L'exemple de l'estuaire hyperhalin du Sine-Saloum. Université de Montpellier II. Thèses et Documents Microfiches No.156. ORSTOM, Paris. 267 p.
  10. ^ David O’Connor; Randy Olson (Photograph) (2007年4月). “手元に残らない魚”. 特集 シリーズ地球の悲鳴 魚が消えた海. ナショナルジオグラフィック日本語版. 2019年5月21日閲覧。