クラウディオ・シモーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クラウディオ・シモーネ(Claudio Scimone, 1934年12月23日[1][2][3] - 2018年9月6日[4][5][6][7][8])はイタリア指揮者

パドヴァの出身。クレモナ大学とミラノ音楽院に学んだあと、ヒルヴェルサムでフランコ・フェラーラ、ザルツブルクでカルロ・ゼッキの各氏に指揮法を学び、ディミトリ・ミトロプーロスの薫陶も受けた。1959年に、主にイタリア・バロック音楽の演奏を目的とした室内合奏団のイ・ソリスティ・ヴェネティを組織し、首席指揮者を亡くなるまで務めた。1979年から1986年までリスボンのグルベンキアン管弦楽団の首席指揮者も兼務していた。また、1961年からヴェネツィア音楽院教授を経て、ヴェローナ音楽院教授を歴任し、1974年にパドヴァ音楽院院長となった[9]

2018年8月末に転倒して肋骨を折る重傷を負い、演奏活動を休止[10]していたが、パドヴァで呼吸不全により死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (英語) International who's who in music and musicians' directory. Melrose Press. (1998). p. 508. OCLC 2247063. 
  2. ^ Holms, John L. (1982) (英語). Conductors on record. Greenwood Press. p. 599. ISBN 9780313229909. OCLC 2247063. 
  3. ^ 12月21日とする資料もある。(“Solisti Veneti, è morto il maestro Claudio Scimone”. il mattino di Padova. (2018年9月6日). オリジナル2018年9月7日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/Q1op6 2018年9月7日閲覧。 )
  4. ^ Iondini, Massimo (2018年9月6日). “Addio a Claudio Scimone, il maestro papà dei Solisti Veneti”. Avvenire.it. オリジナル2018年9月7日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/jtBvv 2018年9月7日閲覧。 
  5. ^ “Italienischer Dirigent Claudio Scimone gestorben”. ORF.at. (2018年9月6日). オリジナル2018年9月7日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/BZgWg 2018年9月7日閲覧。 
  6. ^ “HA MUERTO CLAUDIO SCIMONE”. Codalario, la Revista de Música Clásica. (2018年9月6日). オリジナル2018年9月7日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/1FMJX 2018年9月7日閲覧。 
  7. ^ “Morto il maestro Claudio Scimone, padre dei Solisti Veneti”. Il Gazettino. (2018年9月6日). オリジナル2018年9月7日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/R31GY 2018年9月7日閲覧。 
  8. ^ “DÉCÈS DE CLAUDIO SCIMONE”. Res Musica. (2018年9月6日). オリジナル2018年9月7日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/s3WDf 2018年9月7日閲覧。 
  9. ^ クラウディオ シモーネ”. 2018年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月7日閲覧。
  10. ^ “Infortunio durante le ferie: Scimone scivola, costola fratturatal”. Il Gazettino. (2018年9月5日). オリジナル2018年9月7日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/9ibwJ 2018年9月7日閲覧。