カルロ・ゼッキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルロ・ゼッキCarlo Zecchi, 1903年7月8日 - 1984年8月31日[1]イタリアピアニスト指揮者

ローマに生まれ、生地の音楽院で作曲とピアノを学んだ後、ベルリンブゾーニシュナーベルに師事。1920年にソリストとしてデビューし、一時期はピアニストとしてベネデッティ・ミケランジェリの好敵手と目されたが、1939年には室内楽での演奏に重点を置くようになり、エンリコ・マイナルディとデュオを組んだ。ピアノの演奏活動を停止したのは、借金の返済に困って「事故のためにピアノを弾けなくなった」と偽り、保険金を詐取したことが露見するのを恐れたためであった[2]

1938年にはハンス・ミュンヒアントニオ・グァルニエリから指揮法を師事し、1947年から世界各国の主要なオーケストラに客演した。 1966年から10年間、ウィーン室内管弦楽団の首席指揮者を務めている。

教育者としても有名で、ローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミアのピアノ科教授を長く務めたほか、ザルツブルクでもマスター・クラスを開講していた。

1984年、ザルツブルクで死去。[3]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ オリヴィエ・ベラミー『マルタ・アルゲリッチ 子供と魔法』p.125。
  3. ^ [2]