クッキープラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クッキープラザ
Cookie Plaza
Cookieplaza kuki.jpg
店舗概要
所在地 346-0003
埼玉県久喜市久喜中央一丁目1番20号
座標 北緯36度4分0秒 東経139度40分37秒 / 北緯36.06667度 東経139.67694度 / 36.06667; 139.67694 (クッキープラザ)座標: 北緯36度4分0秒 東経139度40分37秒 / 北緯36.06667度 東経139.67694度 / 36.06667; 139.67694 (クッキープラザ)
開業日 2009年11月15日
正式名称 久喜駅桧家ビル
施設所有者 株式会社桧家住宅
施設管理者 レックス・マネージメント株式会社[2]
敷地面積 3,324.1 m²
商業施設面積 20,651 m²[4][1]
中核店舗 クッキープラザ生鮮館[3]
店舗数 17
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 62台
前身 サリアビル(忠実屋久喜店→ダイエー久喜店)
商圏人口 約17万8千人[1]
最寄駅 久喜駅[5]
最寄IC 久喜IC[5]
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

クッキープラザCookie Plaza)は、埼玉県久喜市久喜中央一丁目の久喜駅桧家ビルに所在するショッピングセンターである。2009年11月15日に旧サリアビルを再利用して開業[6]。1階の生鮮館はトップトラストが運営し、生鮮、食品の専門店が入居している[7]

概要[編集]

駐車場ビル。屋上には忠実屋のマークが現存。

久喜駅西口駅前広場北側にある商業施設。1970年代中頃から進められた久喜駅西口再開発事業の中心施設として[8]1990年11月竣工・開業[9]ダイエー久喜店(1994年3月までは忠実屋)を核テナントとした商業ビルであったが、2002年(平成14年)5月31日にダイエーは撤退した[10]。その後りそな銀行王子支店久喜駅前出張所が2006年10月10日に撤退[11]2007年(平成19年)2月に日本中央地所がビルの区分所有権を取得し、建物の解体と住宅・商業複合施設の建設を計画する予定になっていた。

2007年7月から1階に肉のハナマサがテナントとして入り、食品スーパーを営業していたが、ハナマサの経営再建により2008年2月11日に撤退した[10]。ハナマサが撤退してからはみずほ銀行だけが営業していた。

2008年10月30日に日本中央地所から加須市の住宅建築業・桧家住宅に売却され、2009年8月31日に桧家住宅の本社移転(6階)に加え、地下1階から4階に飲食店、生鮮館、雑貨などのテナントが入居する複合施設となった[12][13]

また久喜市内、周辺は郊外を中心に競合する大型商業施設が多数立地することもあって[14] 、開店初期には店舗の入れ替えが頻繁にあった[12][15]。しかし、その後のテナント入居状況は安定し、中心市街地における空きビルのリニューアル成功事例として国の調査でも報告[16]されている。この報告によれば、フロア分割による企業の多様なニーズへの対応、交通の利便性の高さ、北関東への拠点になりうる立地特性が理由として挙げられている。

主なテナント[編集]

出店テナントの詳細は公式サイト「ショップガイド」を参照。

地下1階は居酒屋、ファミリーレストラン、カラオケボックスが入居する飲食店街である。1階は核店舗であり生鮮、惣菜、一般食料品の専門店が入居する生鮮館である。またフラワーショップ、前身のサリアビル時代から入居する大手都市銀行支店、コンビニが入居する。2階は当SCと久喜駅を結ぶペデストリアンデッキが設けられており[17]、駅直結にふさわしく、喫茶店、保険代理店、ファンシー雑貨、大手英会話スクール[18]などの専門店が立地する。3階は書店と100円ショップが立地している。4階は屋内遊園地が入居していたが2013年3月31日に撤退し [15]その後接骨院、マッサージ、学習塾スポーツクラブが出店している。5階は主にオフィス[17]、保険会社支社、学習塾、保育施設、が入居する。

閉店したテナント[編集]

商圏[編集]

商圏は久喜市内の他、白岡市になっている[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]