キース・ヴァズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キース・ヴァズ
Keith Vaz
Keith Vaz, September 2008.jpg
生年月日 (1956-11-26) 1956年11月26日(61歳)
出生地 Flag of the Colony of Aden.svg アデン植民地アデン
出身校 キーズ・カレッジ, ケンブリッジ大学
現職 国会議員
所属政党 労働党
称号 MP
配偶者 マリア・フェルナンデス
公式サイト Keith Vaz MP - Member of Parliament for Leicester East

在任期間 2007年7月26日 -

在任期間 1999年 - 2001年

在任期間 1997年 - 1999年
選挙区 レスター・イースト
在任期間 1987年6月11日 -
テンプレートを表示

ナイジェル・キース・アンソニー・スタンディッシュ・ヴァズ英語: Nigel Keith Anthony Standish Vaz1956年11月26日 - )は、イギリスの政治家。レスター・イースト選出の国会議員。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1956年、イギリスの植民地だったイエメンアデンに生まれる。1965年に本国のブラッドフォードに移った。

ハマースミスレイスマー・アッパー・スクールに通い、ケンブリッジ大学キーズ・カレッジでBAおよびMAを取得した。この時はファーストネームのナイジェルを名乗っていた。

ビデオゲーム[編集]

暴力的な内容が含まれるコンピュータゲームの反対運動のキャンペーンを行っており、率直な意見を主張している。イギリスでR18指定(残酷ゲームであるという視点から)を受けたロックスター・ゲームズマンハント』の影響で、イギリスの男子生徒が殺害されたと主張した後、『マンハント』の続編を製作することを禁止するように求めた。

その後、ロックスターから発売された『BULLY』(イギリスではCanis Canem Editのタイトルで発売、R15指定)を下院で2006年10月18日に追及した。

また2006年に日本国内向けに発売されたアダルトゲームタイトルの『レイプレイ』に関して、2009年2月にAmazon.comでディーラーズ販売(Amazon.co.jpにおけるマーケットプレイス)されていたこのゲームを自らの不祥事の話題を逸らす為に取り上げ[1][2]Amazon.comでの販売が中止となった。またこの事は、同年5月にアメリカラディカル・フェミニズム団体「イクオリティ・ナウ」が日本での販売中止を求める抗議活動を起こす契機ともなった。

スキャンダル[編集]

2009年5月、イギリスの議員らが公的資金の私的流用をしていた事が立て続けに発覚した[3]。 イギリス時間2009年5月9日、ヴァズも、政治活動とは関係ない個人的な事柄に多額の公的資金を横領していたことを、『デイリー・テレグラフ』誌が報じた[4]

なお、横領が発覚する前にも彼に関する不審な噂が立っており、対策として不祥事逸らしおよび人気を取るためにビデオゲーム糾弾を行ったと見られる話も存在する[5][6]

脚注[編集]