キンバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キンバト
キンバト
キンバト Chalcophaps indica
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg

C. i. yamashinai キンバト

絶滅危惧IB類 (EN)環境省レッドリスト
Status jenv EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハト目 Columbiformes
: ハト科 Columbidae
: Chalcophaps
: キンバト C. indica
学名
Chalcophaps indica
(Linnaeus, 1758)
和名
キンバト
英名
Emerald dove

キンバト(金鳩、Chalcophaps indica)は、ハト目ハト科に分類される鳥類

分布[編集]

種小名indicaは「インドの」の意。

インドインドネシアオーストラリアクリスマス島ノーフォーク島含む)、カンボジアシンガポールスリランカタイ中華人民共和国台湾ネパールバヌアツパプアニューギニアバングラデシュフィリピンブータンブルネイベトナムマレーシアミャンマーラオス

日本では、宮古島以南の南西諸島に留鳥として分布する。他の地域での観察記録はほとんどない。

  • C. i. yamashinai キンバト

日本八重山列島固有亜種

形態[編集]

全長25cm。頭部から背面にかけては青味がかった灰色、背面と雨覆は光沢のある緑色、腹面は褐色の羽毛で覆われる。

嘴や後肢は赤い。

オスは額から眼上部の羽毛が白いが、メスは灰色。

亜種[編集]

  • Chalcophaps indica yamashinai キンバト - 等

生態[編集]

森林に生息する。比較的薄暗い林を好む。林の中を低く飛ぶことが多く、長距離を飛ぶことは少ない。

食性は植物食傾向の強い雑食で、果実種子シロアリ等を食べる。地表を徘徊し採食を行う。

鳴き声は「ホッホロロ」または「コッコロロ」。「ウーウー」と繰り返し鳴くこともある。

繁殖形態は卵生。樹上に枯枝等を組み合わせた皿状の巣を作り、1回に2個の卵を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊に伴い生息数は減少している。日本では国の天然記念物に指定されている(指定名称は「リュウキュウキンバト」)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]