キスユラブルグント王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キスユラブルグント王国
西フランク王国 879年 - 933年[1] アルル王国
首都 ヴィエンヌアルル
879年 - 882年 ボソ(初代)
887年 - 928年 ルイ3世(第2代)
928年 - 933年 ウーゴ(最後、正確にはプロヴァンス公)
変遷
成立 879年
滅亡 933年
900年頃のブルグント王国。オレンジの部分がキスユラブルグント王国。

キスユラブルグント王国(Cisjuranien)は、旧ブルグント王国のあった地域のユラ山脈以南に存在した王国ボソがプロヴァンス王位についてプロヴァンスを支配したためプロヴァンス王国とも呼ぶ。また下ブルグント王国低ブルグント王国とも呼ぶ。

879年ルイ3世カルロマンの二人が西フランク王に即位した。プロヴァンスは西フランク王国領となっていたが、単独の王が立つべしと主張したプロヴァンス公ボソは反乱をおこし、支持する諸侯からプロヴァンス王に選ばれた。首都ヴィエンヌとし、キスユラブルグント王国が成立した。ボソは東フランク王カール3世と西フランク王カルロマンにより攻撃され、一度は防いだが、再び攻撃されて、882年に領土を奪われ、再びプロヴァンス西フランク王国領となった。そして884年、カール3世が西フランク王位を獲得し、カール3世によりフランク王国が統一された。

888年にカール3世が死去し、ボソの息子ルイ3世がプロヴァンスを継承し、キスユラブルグント王国が復活した。ルイ3世はイタリアに進出して900年にはイタリア王を兼ね、901年には西ローマ皇帝に戴冠された。900年頃、東ローマ皇帝の娘アンナを娶り、産まれた子供に西ローマ皇帝のカール大帝と東ローマ皇帝のコンスタンティヌス大帝にちなんだシャルル・コンスタンティンと名付けまさに絶頂にあったが、905年にベレンガーリオ1世に捕えられて眼球を摘出され失明させられた。ルイはプロヴァンスに戻りプロヴァンス王を名乗り続けたが、実権は又従兄で義兄のアルル伯ウーゴが握った。ウーゴ911年にプロヴァンス公、ヴィエンヌ侯に任命された。同年、ルイ3世は首都ヴィエンヌからアルルに移した。アルルに移した後のキスユラブルグント王国はアルル王国とも呼ぶことがある。

ウーゴはルイ3世と同様にイタリアへ進出した。925年にはイタリア王に選ばれ、ベレンガーリオを倒して先にイタリア王となっていたユーラブルグント王ルドルフ2世926年にイタリアから追い払って単独のイタリア王となった。また、事実上イタリア王国にプロヴァンス王国を併合した。しかしルイ3世はこの隙にシャルル・コンスタンティンをウーゴが領主であったはずのヴィエンヌ伯につけた。シャルル・コンスタンティンに対抗するために西フランク王国と結んだウーゴの政策は完全に裏目に出て、シャルル・コンスタンティンの影響力を削ぐことができなかったばかりか、西フランク王国のキスユラブルグント王国への介入を許した。ルイ3世は928年に死去したが、ウーゴもシャルル・コンスタンティンもプロヴァンス王に即位することはできなかった。ルドルフ2世との対立も未だに続いており、ウーゴはプロヴァンスを捨ててイタリアに専念し、皇帝位を目指すことを決意する。933年ウーゴルドルフ2世にイタリアにおけるすべての権利を放棄させる代わりにキスユラブルグント王国を譲り渡した。

こうしてユーラブルグント王国キスユラブルグント王国(アルル王国)を併合し、プロヴァンス王位は廃止された。結局、ウーゴは皇帝になることもできず、息子ロターリオ2世をイタリアに残してプロヴァンスに隠棲することとなった。キスユラ・ブルグント王国を滅ぼした後のユーラ・ブルグント王国は単にブルグント王国、またはアルル王国と呼ばれるようになる。よってプロヴァンスはブルグント王国領となり、ブルグント王国も1032年、ブルグント王家が断絶したのち神聖ローマ帝国の支配下に入り、プロヴァンスは神聖ローマ帝国領となった。

国王一覧[編集]

一旦、キスユラブルグント王国は滅亡し、プロヴァンス王位は西フランク王カルロマンカール3世に奪われた。

脚注[編集]

  1. ^ 表記はユーラブルグント王国に侵攻されて滅亡した年。東フランク王カール3世と西フランク王カルロマンに攻撃され領土を奪われ、882年に再び西フランク王国領となる。888年に独立を回復した。