リブモント条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リブモント条約またはリブモン条約:Vertrag von Ribemont、:Traité de Ribemont)は、880年西フランク王国東フランク王国の間で締結された条約。これによって、ルートヴィヒ1世の死後から続いていたカロリング家の領土相続争いが収拾した。

880年に結ばれたこの条約で、西フランク王国のルイ3世は、ロートリンゲン(ロレーヌ)地方の西部を放棄した。放棄された地域は過去ヴェルダン条約で画定された国境まで及び、この地域が再び東フランク王国に帰属することになった。一方、中フランクがイタリア王国と別にスイス辺りで再興したり(ユーラブルグント王国)、西フランク由来のキスユラブルグント王国が興ったりした。それから半世紀で両ブルグント王国が中フランクの血筋により統一され、イタリア政策の背景となる複雑な国際関係が生まれた。

880年を有体に書けば、メルセン条約の国境が南北にまっすぐだった部分を、S字クランクのように再画定したのである。結果として、東フランク王国がフランケン地方ザクセン公国アルザス・ロートリンゲンにまたがる地域を支配することになった。ロートリンゲンをめぐる両王国の抗争は今後も続いた。しかし、この条約で定められた勢力範囲は、基本的にはオランダ独立戦争まで大きく変更されることはなかった。キスユラブルグント王国は、近代のサルデーニャ王国リソルジメントを伏線づけていた。