マロツィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウーゴとマロツィアの結婚(Francisco Bertolini, Historia de Romaより)

マロツィアMarozia890年ごろ - 932年から937年)は、10世紀はじめにローマローマ教皇国の実権を握った女性。父はローマの貴族トゥスクルム伯テオフィラットで、母はテオドラ。テオドラとマロツィアによる支配はポルノクラシーと呼ばれている。

生涯[編集]

ローマで最高の美女と言われたマロツィアは、教皇セルギウス3世愛人となり、教皇の子供とされる男児(のちの教皇ヨハネス11世)を産んだ。のちにスポレート公アルベリーコ1世と結婚し、男児を産んだ(のちのアルベリーコ2世)。926年にアルベリーコ1世が死ぬと、トスカーナグイードと再婚しようとするが、教皇ヨハネス10世に反対されたため、928年に教皇を逮捕させ獄死させた。グイードと2度目の結婚を行い、931年に自分の息子をヨハネス11世として教皇に就けたが、グイードはすぐに死亡する。マロツィアは「イタリア王」の称号を持つプロヴァンスウーゴ (アルルのユーグ) と3度目の結婚をしようとするが、ウーゴはグイードの異父兄(どちらも母親がロタール2世の娘ベルタ)であったため、再婚は禁じられていた。マロツィアは、グイードとウーゴは実の兄弟ではないとでっちあげ、932年に息子のヨハネス11世の祝福のもとにウーゴとハドリアヌス帝の墓室で結婚式を行い、サンタンジェロ城を新居とした。

しかし、息子のアルベリーコ2世はマロツィアとウーゴに反旗をひるがえし、結婚式の最中にサンタンジェロ城を攻撃した[1]。ウーゴはローマから逃れたが、マロツィアは牢獄に囚われた。ウーゴは何度もローマを攻撃したが、アルベリーコ2世はローマを守り抜き、マロツィアは獄死した。

アルベリーコ2世は20年間ローマを支配し、954年に死んだ。アルベリーコ2世の死後、その息子がヨハネス12世として教皇に就いた。マロツィアの息子だけでなく、孫も教皇となったことになる。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
テオフィラット1世
トゥスクルム伯
 
テオドラ
 
 
 
 
 
 
 
クレッシェンティウス家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウーゴ
イタリア王
 
 
 
アルベリーコ1世
スポレート公
 
マロツィア
 
セルギウス3世
119代教皇
 
テオドラ
 
ジョヴァンニ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルダ
 
アルベリーコ2世
ローマ支配者
 
ダヴィド
(デオダトゥス)
 
ヨハネス11世
125代教皇
 
 
 
 
 
クレッシェンティウス1世
(デ・テオドーラ)
 
ヨハネス13世
133代教皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グレゴーリオ1世
トゥスクルム伯
 
ヨハネス12世
130代教皇
 
ベネディクトゥス7世
135代教皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレッシェンティウス2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベネディクトゥス8世
143代教皇
 
アルベリーコ3世
トゥスクルム伯
 
ヨハネス19世
144代教皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョヴァンニ
(クレッシェンティウス3世)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベネディクトゥス9世
145,147,150代教皇
 
グレゴーリオ2世
トゥスクルム伯
 
ピエトロ
 
オクタヴィアーノ
 
グイード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベネディクトゥス10世
対立教皇
 

脚注[編集]

  1. ^ 瀬原、p. 71

参考文献[編集]

  • 藤沢道郎 『物語イタリアの歴史Ⅱ』 中公新書、2004年、p48-68
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年