アルベリーコ1世・ディ・スポレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アルベリーコ1世・ディ・スポレートAlberico I di Spoleto、? - 925年)は、カメリーノ侯でスポレート公(在位:898年 - 922年)である。

略歴[編集]

914年、アルベリーコはヨハネス10世と同盟を組み、915年教皇軍と共にガリリャーノにおいてサラセン人イスラム帝国)を敗走させた。この功により、ローマ執政官に任命された。また、トゥスクルム伯テオフィラットテオドラの娘マロツィアと結婚し、息子アルベリーコ2世をもうけた[1]

息子アルベリーコ2世はスポレート公位を継承できなかったがローマの支配者となり、その子孫はトゥスクルム家としてローマで権力を握り、多くの教皇を出した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 瀬原、p. 71.
  2. ^ 瀬原、p. 109, 131, 154, 275, 579, 287.

参考文献[編集]

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
先代:
グイード4世
スポレート公
898年 - 922年
次代:
ボニファーチョ1世