カーディリー教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カーディリー教団: القادريه‎)とは、アブド・アルカーディル・アルジーラーニーを祖とする[1]イスラム教スーフィズム教団(タリーカ)の1つ。

歴史[編集]

1077年に現在のイランギーラーン州に生まれたアブド・アルカーディル・アルジーラーニーは、バグダッドへと上京し、Abu Sa'id al-Mubarak Mukharramiの学校(マドラサ)に入学して学んだ。1119年にMukharramiが亡くなった後は、彼が新たなリーダー(シャイフ)となり、学者および説教師として人気を集め、彼のためのリバート(修道場)が作られた。

1166年に彼が亡くなると、息子の1人Abdul-Wahhabがシャイフを継いだ。当時のバグダッドでは、スフラワルディーが創始したスフラワルディー教団が、1180年からアッバース朝第34代カリフになったナースィルの後援を得て隆盛していたが、息子の1人Abdul al-Razzaqはそれに対抗して父ジーラーニーの聖人伝を刊行し、スーフィーとしての父の業績・名声を広めた。

カーディリー教団は、1258年バグダードの戦いでバグダッドが陥落し、アッバース朝が滅びた後も、書物と共に各地に伝播し、繁栄した。15世紀末までに、 モロッコスペイントルコインドエチオピアソマリアマリに支部が出来た。

1508年から1534年まで、サファヴィー朝がバグダッドを支配した際は、このカーディリー教団のリーダー(シャイフ)が、地域の筆頭スーフィーに指名された。

1534年オスマン帝国がバグダッドに侵攻した際には、スレイマン1世は教祖ジーラーニーの霊廟を建て、カーディリー教団をバグダッドにおける同盟相手とした。

1674年、リーダー(シャイフ)であるKhwaja Abdul Allaは、中国(清朝)に入り、1689年に亡くなるまで各地を巡って説教した。その弟子にはQi Jingyi(祁静一)などがいる。

その他、オスマン帝国が征服した欧州地域や、インド南西部ケーララ州などにも、カーディリー教団は伝播した。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]