カルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カルバアラビア語: كلباءKalbāʾ英語: Kalba)は、アラブ首長国連邦の都市である。長母音を省略せず、カルバーとも。

オマーン湾に面するフジャイラの南にあるシャールジャ首長国飛び地である。オマーンとの国境地帯にあるホール・カルバ(Khor Kalba خور كلباء)は、アラブ首長国連邦の主要なマングローブ原生林かつ自然保護区である。カルバは16世紀にポルトガル海上帝国の植民地となり、'Ghallah' と呼ばれていた。1811年3月にマスカット・オマーンスルタンに占領されオマーン帝国の支配下となり、反海賊勢力の拠点となった。英国に承認された1936年からシャールジャに併合される1951年まで、トルーシャル・オマーンを構成する一首長国カルバ首長国[1][2]であった。

ホール・カルバはシュルーク[3]による観光地化(エコツーリズム)の為、現在閉鎖されており、一部の保護活動家や環境保護論者はこれに対して懸念を表明した。[4]

歴史[編集]

マージド・ビン・スルターン・ビン・サクル・アル=カースィミーが、シャマリーヤ地方(カルバを含む)を兄であるシャルジャ首長のサーリム・ビン・スルターン・アル=カースィミーから賜った事からカルバの統治は始まった。カルバでは、マージド・ビン・スルターンの二人の息子・ハマド・ビン・マージドと、アフマド・ビン・マージドの共同統治が続いた。

ハマドの息子のサイードが、1902年にフジャイラの独立の際に父・ハマドの後を継いで首長となった。一時期サイード・ビン・ハマドはカルバの統治を彼の奴隷のバルートに任せてアジュマンに引っ越したが、1920年代にサイードはカルバの統治に戻り、1936年には英国にカルバ首長国として認められ飛行場を設立し、インペリアル・エアウェイズ英語版がアル=マハッタとカルバを結ぶ臨時航路を就航させた。

交通[編集]

ホール・カルバへは、3本の道路でアクセスが可能。一つ目はマリハ・ロード(Maliha Road شارع مليحة)。二つ目がシャールジャ=カルバ・ロード(Sharjah-Kalba Road、シャルジャ国際空港を起点とする全長90km)で、三つ目がフジャイラ=カルバ・ロード(Fujairah-Kalba Road、80km)である。なお、フジャイラ=カルバ・ロードは隣国オマーンまで延びている。

統治者[編集]

  • マージド・ビン・スルターン・アル=カースィミー(Majid bin Sultan al-Qasimi、1871年~1900年)
  • ハマド・ビン・マージド・アル=カースィミー(Hamad bin Majid al-Qasimi、1900年~1903年)

実際の独立は1903年のシャルジャからの分離独立だが、現地では英国に国家承認された1936年と認識されている。

  • サイード・イブン・ハマド・アル=カースィミー(Said ibn Hamad al-Qasimi、1903年4月30日1937年
  • ハマド・イブン・サイード・アル=カースィミー(Hamad ibn Said al-Qasimi、1937年4月30日1951年
  • サクル・イブン・スルターン・アル=カースィミー(Saqr ibn Sultan al-Qasimi、1951年~1952年、シャールジャ首長兼任1951年~1965年

1952年 シャールジャに併合され、消滅。

脚注[編集]

  1. ^ Bey, Frauke (1982). From Trucial States to United Arab Emirates. UK: Longman. pp. 533. ISBN 0582277280. 
  2. ^ Qasimi, Sultan (1986). The Myth of Piracy in the Arabian Gulf. UK: Croom Helm. pp. 153. ISBN 0709921063. 
  3. ^ シュルーク - シャールジャ投資発展局(アラビア語: شروق - هيئة الشارقة للتطوير والاستثمار英語: Shurooq - Sharjah Investment and Development Authority
  4. ^ Todorova, Vesela (2012年5月20日). “Mangrove fears over Emirates eco-tourism project”. The National. http://www.thenational.ae/news/uae-news/environment/mangrove-fears-over-emirates-eco-tourism-project 2014年11月閲覧。