カブトデコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カブトデコム株式会社
KABUTO DECOM Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
東証JQ 1876
1989年3月 - 1999年7月
本社所在地 日本の旗 日本
063-0022
北海道札幌市西区平和2条6-1-1
設立 1971年4月
業種 建設業
事業内容 土木、建設業、不動産開発
代表者 代表清算人:安田好弘
資本金 1億円(2012年3月
発行済株式総数 27,590,843株
売上高 連結2,290万円
単独2,290万円
(2012年3月期)
営業利益 連結△1億748万円
単独△9,204万円
(2012年3月期)
純利益 連結△194億3,216万円
単独△196億5,421万円
(2012年3月期)
純資産 連結△4,967億2,046万円
単独△4,967億1,745万円
(2012年3月末)
総資産 連結1億4,258万円
単独8,520万円
(2012年3月末)
従業員数 連結6名 単独6名
(2012年3月末)
決算期 3月末日
主要株主 佐藤茂 15.29%
神田隆夫 10.67%
株式会社オーシャンフロント 4.91%
(2012年3月末)
主要子会社 カブト・インターナショナル・コーポレーション
カブト・インターナショナル・フェニックス・インコーポレーテッド
関係する人物 佐藤茂 会長で創業者
乙川節郎 常任監査役で元道議会議員(公明党所属)
テンプレートを表示

カブトデコム株式会社は、北海道札幌市にあった建設会社。

会社概要[編集]

かつてバブル景気期に大規模なリゾート開発を行う不動産グループ企業の親会社として名を馳せた。バブル期には北海道拓殖銀行から積極的な支援を受け事業を進めたが、バブル崩壊に伴い1,000億円超ともいわれる多額の不良債権を抱えた。この不良債権は1997年の北海道拓殖銀行の経営破綻の一因となっている。

バブル崩壊後も事業を継続していたが、2008年の事業報告書によると売上高は1,200万円、一方、未処理損失額は約4,000億円にのぼっていた。2013年2月28日に臨時株主総会が開かれ、会社解散を決議した[1][2][3]。同年4月25日、札幌地方裁判所より特別清算開始決定を受けた[4][5]

沿革[編集]

  • 1971年 - 道路舗装工事の孫請けを主力として、兜建設株式会社が創業。
  • 1985年 - 甲観光を設立する。後のエイペックスである。
  • 1986年 - 大友建業株式会社との合併により、兜大友建設株式会社に商号変更する。
  • 1987年 - 株式会社イプシロンを子会社化し、合併する。
  • 1988年 - カブトデコム株式会社に商号変更。子会社のエイペックスが洞爺湖町(旧虻田町)、豊浦町に会員制高級リゾートホテルの建設開始。
  • 1989年 - 株式を店頭公開証券コード:1876)、リゾートブームもあり株価が高騰、不動産への過剰な投資を広げる。
  • 1991年頃 - 資本金が500億円弱に達し、40社のグループ企業を抱える規模に急成長。
  • 1993年 - ホテルエイペックス洞爺開業。北海道拓殖銀行による不正融資疑惑が浮上。またバブル景気崩壊に伴い、資産のほとんどが不良債権化。
  • 1997年 - 北海道拓殖銀行が経営破綻。
  • 1998年 - エイペックス自己破産、ザ・ウィンザーホテル洞爺(ホテルエイペックス洞爺から改称)営業休止。
  • 2001年 - レーサムリサーチが旧本社ビルを買収(抵当がつきすぎて売却できなかった)。本社を移転。
  • 2013年
    • 2月28日解散を決議[1]
    • 4月25日特別清算開始決定。負債総額は5061億円。

不良債権の責任[編集]

北海道拓殖銀行の不良債権を引き継いだ整理回収機構は、カブトデコムの融資に関連し、銀行の旧経営陣に対し総額50億円の損害賠償を求め提訴。2008年1月、最高裁は50億円全額賠償を命じる判決を下した[6]

株券[編集]

一時は4万円以上の株価をつけた。インターネット・オークションでは、好事家の間で取引される例も見られた。名義書換代理人は三菱UFJ信託銀行であった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 元・建設、不動産業カブトデコム株式会社解散を決議、特別清算申請へ負債5061億円 帝国データバンク大型倒産速報 2013年2月28日[リンク切れ]
  2. ^ “カブトデコム、株主総会で解散決議 負債5061億円”. 日本経済新聞. (2013年2月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2802R_Y3A220C1EE8000/ 2013年11月19日閲覧。 
  3. ^ “「バブルの象徴」幕引き、カブトデコム解散 参加株主は十数人”. 日本経済新聞. (2013年3月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC2800G_Y3A220C1L41000/ 2013年11月19日閲覧。 
  4. ^ 元・建設、不動産業【続報】カブトデコム株式会社特別清算開始決定受ける帝国データバンク2013年4月30日[リンク切れ]
  5. ^ “カブトデコム、特別清算の開始決定”. 日本経済新聞. (2013年4月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD3005C_Q3A430C1TJ1000/ 2013年11月19日閲覧。 
  6. ^ 拓銀 賠償総額101億円 旧経営陣13人に(読売新聞 2008年1月28日)[リンク切れ]

外部リンク[編集]