カバイロツルタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カバイロツルタケ

Amanita fulva

Amanita fulva 060820w.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 菌じん綱 Hymenomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: テングタケ科 Amanitaceae
: テングタケ属 Amanita
: カバイロツルタケ fulva
学名
Amanita fulva
シノニム

Amanita vaginata var. fulva

和名
カバイロツルタケ

カバイロツルタケ(樺色鶴茸、学名Amanita fulva)は、ハラタケ目テングタケ科テングタケ属の食用キノコ

特徴[編集]

夏から秋にブナ科マツ科などの生えた地上に発生する。ツルタケ変種ともされる。色が樺色ということ以外はツルタケと外見の特徴はほぼ同じ。

毒性[編集]

生食は中毒を起こすが、味はまろやかで加熱すれば食用として美味であるという。汁物、炒め物などに向く。

関連項目[編集]