カイルル・ファーミ・チェ・マット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カイルル・ファーミ・チェ・マット Football pictogram.svg
名前
本名 カイルル・ファーミ・ビン・チェ・マット
Khairul Fahmi bin Che Mat
ラテン文字 Khairul Fahmi Che Mat
基本情報
国籍 マレーシアの旗 マレーシア
生年月日 (1989-01-07) 1989年1月7日(30歳)
出身地 コタバル
身長 173cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム マレーシアの旗 パハンFA
ポジション GK
背番号 19
ユース
2006-2009 マレーシアの旗 ケランタンFA
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2009 マレーシアの旗 ハリマウ・ムダ 30 (0)
2009-2016 マレーシアの旗 ケランタンFA 156 (0)
2017- マレーシアの旗 パハンFA
代表歴2
2010-2012  マレーシア U-23 28 (0)
2010-  マレーシア 40 (0)
2011-2012 マレーシアの旗 マレーシアリーグXI 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年10月22日現在。
2. 2016年10月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カイルル・ファーミ・チェ・マットマレー語: Khairul Fahmi Che Mat1989年1月7日 - )は、マレーシアサッカー選手マレーシア代表[1][2]。ポジションはGK

クラブ歴[編集]

2006年にケランタンFAのプレジデンツカップチームに加入。ここで正ゴールキーパーとなり、2006-07シーズンのマレーシア・プレジデンツカップの決勝にまで進出したものの最後はPK戦で敗れた。2008年にアマド・ファクリ・サーラニと共にハリマウ・ムダに選抜され、マレーシア・プレミアリーグを戦った。その後、エールディヴィジに所属するPSVアイントホーフェンが彼に関心を寄せ、アスラルディン・プトラ・オマールと共にU-19、U-23チームに1週間のトライアルに参加した[3]

2009年にケランタンFAに復帰、20歳にしてトップチーム登録となった。ケランタンFA史上最も若いゴールキーパーとなり、シェッド・アドニーマレーシア・スーパーリーグケダFA戦でミスをした後に出場機会が回ってきて初出場となった[4]。2010年にクラブはマレーシアカップを制覇[5]、彼も最優秀若手選手賞、最優秀ゴールキーパー賞を同年に受賞した[6]

2017シーズンよりスポンサーのプーマの関係上、パハンFAへの移籍が決まった。5年契約で月給17万リンギットの内容での移籍となった。

代表歴[編集]

U-23代表としては2010年アジア競技大会が初出場となった。1次リーグは日本代表とも同組となった中でグループステージ突破に貢献したものの、決勝トーナメント一回戦のイラン代表相手には1-3とされ敗北した。その後の2012年東南アジア競技大会ではインドネシア代表相手に2つのPKを止め、1-1の引分からPK戦に縺れ込んだ決勝戦を勝利に導いた。また、ロンドンオリンピックサッカーアジア予選では第3ラウンド進出まで決めたものの、グループステージで一勝も出来ずにオリンピック出場とはならなかった。

A代表初出場となったのは2010年9月3日のオマーン代表戦であり、この試合のハーフタイムにシャルビニー・アラウィーと交代しての初出場となった。彼は無失点に抑えたものの、前半に3失点を喫していたために無失点試合ではなかった。同年11月にはラヤゴパル・クリシュナサミ監督から2010 AFFスズキカップのメンバーに選抜された。タイ王国代表戦を0-0に抑え、ベトナム代表との準決勝の2試合も無失点に抑える活躍を見せた。決勝ではインドネシア代表との対戦となり、第1試合を3-0の勝利に終え、彼はまた無失点で試合を終えた[7]。第2試合でも序盤にPKを止めたのを始めに多くのセーブを見せたものの2失点、試合は2-1で敗れた。しかし彼の好セーブによってマレーシアは二戦合計で勝利を掴み、同選手権で初めての優勝を同国に齎した[8]2012 AFFスズキカップでもメンバーに選ばれ、11月26日のグループステージ初戦となったシンガポール代表戦に出場したものの、0-3で完封された。彼はシャーリル・イシャクに32分にゴールを割られると、その6分後に再びイシャクに得点されてしまった。後半にはシンガポールの主将であるアレクサンダー・ドゥリッチにも得点を決められて完敗となった。結局マレーシア代表はグループステージを突破する事が出来なかった。

個人[編集]

5人きょうだいの4人目として生まれた。コタバルで教育を受けた後、ジョホールバルの学校に進んだ。その後、ブキット・ジャリル体育学校に進んだ。小学校の頃からスポーツに積極的であった。

2012年12月28日には結婚[9]、娘一人と息子が二人いる[10]

個人成績[編集]

2016年10月22日現在[11][12]

クラブ[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
マレーシア リーグ戦 マレーシア杯FA杯 期間通算
2007-08 ハリマウ・ムダ プレミア 24 0 - 2 0 26 0
2009 ケランタンFA 12 スーパー 5 0 4 0 1 0 10 0
2010 19 26 0 13 0 2 0 41 0
2011 24 0 10 0 7 0 41 0
2012 21 0 9 0 3 0 33 0
2013 22 0 11 0 6 0 39 0
2014 15 0 0 0 9 0 24 0
2015 21 0 5 0 6 0 32 0
2016 22 0 6 0 2 0 30 0
2017 パハンFA 19
通算 マレーシア スーパー 156 0 54 0 35 0 245 0
マレーシア プレミア 24 0 - 2 0 26 0
総通算 180 0 54 0 37 0 271 0

代表[編集]

マレーシア代表
出場 得点
2010 7 0
2011 3 0
2012 6 0
2013 6 0
2014 8 0
2015 6 0
2016 4 0
40 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ケランタンFA
準優勝: 2015

代表[編集]

準優勝: 2014

個人[編集]

  • マレーシアサッカー協会最優秀若手選手賞: 2010
  • マレーシアサッカー協会最優秀ゴールキーパー賞: 2010, 2011, 2012, 2013[13]
  • Goal.com選定アジアU-23ベストイレブン: 2011[14]
  • Goal.com読者選定アジアベストイレブン: 2011[15]
  • Goal.com読者選定アジア最優秀ゴールキーパー: 2011[16]

参考文献[編集]

  1. ^ 100PLUS FAM National Football Awards 2010 - Kunanlan Values Nomination”. SportsMalaysia (2010年10月23日). 2016年11月10日閲覧。
  2. ^ Super League 2012 Team Info & Players”. Malaysian Super League. 2016年11月10日閲覧。
  3. ^ Asraruddin and Khairul Fahmi to undergo trials with Eindhoven”. The Star Online (2007年11月9日). 2016年11月10日閲覧。
  4. ^ JohnJenin (2010年). “Kelantan 0 Kedah 1 | Malaysia Super League 2010”. Bola Today. 2016年6月24日閲覧。
  5. ^ Khairul Fahmi calm despite pressure”. MalaysiaDaily.info (2011年7月21日). 2010年12月6日閲覧。
  6. ^ Kelantan come out tops”. New Straits Times. The New Straits Times Press (Malaysia) Berhad (2010年11月2日). 2010年12月6日閲覧。
  7. ^ Malaysia 3 Indonesia 0 - Malaysian blitz buries Indonesia”. AFF Suzuki Cup. WSG (2010年12月26日). 2010年12月28日閲覧。
  8. ^ Goalie makes it to global Twitter trending list”. The Star Online. Star Publications (M) Bhd (2010年12月30日). 2010年12月30日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ Gambar Kahwin Khairul Fahmi Apek Dan Leuniey” (Malay). InfoHarian. infoharian.com (2012年12月28日). 2016年6月24日閲覧。
  10. ^ Gambar Comel Anak Khairul Fahmi Dan Leuniey” (Malay). MyNewsHub.my (2014年2月10日). 2016年11月10日閲覧。
  11. ^ カイルル・ファーミ・チェ・マット - Soccerwayによる個人成績
  12. ^ カイルル・ファーミ・チェ・マット - National-Football-Teams.com
  13. ^ SENARAI PEMENANG ANUGERAH BOLASEPAK KEBANGSAAN 2013 100 PLUS-ASTRO ARENA-FAM FOOTBALL AWARD”. Football Association of Malaysia.. Football Association of Malaysia (2013年12月2日). 2016年11月10日閲覧。
  14. ^ Ji Dong-Won, Odil Ahmedov & Hiroki Sakai - Goal.com's Asian Under-23 Best XI for 2011” (英語). Goal. Goal.com (2012年1月2日). 2016年6月24日閲覧。
  15. ^ Goal.com readers' Asian Best XI of 2011: Javad Nekounam, Yuto Nagatomo & many more get the votes”. Yahoo Sports Singapore (2012年1月10日). 2016年6月25日閲覧。
  16. ^ Who should be the Asian Best XI goalkeeper for 2011?” (英語). Goal. Goal.com (2012年1月3日). 2016年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]