カアグアス県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カアグアス県
Departamento de Caaguazú
—    —


紋章
パラグアイの旗 パラグアイ
県都 コロネル・オビエド
行政
 - 県知事 マリオ・アルベルト・バレラ (Mario Alberto Varela) (コロラド党)
面積
 - 計 11,474km2 (4,430.1mi2)
人口 (2016年7月1日)
 - 計 540,176人
等時帯 大西洋標準時 (UTC-4)
 - 夏時間 ADT (UTC-3)
ISO 3166コード PY-5
郡数 20
新ロンドレス市の入口
コロネル・オビエド料金所
コロネル・オビエド教会

カアグアス県[1]スペイン語: Departamento de Caaguazúスペイン語発音: [ka(a)ɣwaˈsu])は、パラグアイ南東部の県。 2016年の人口は54万176人[2]で、18県中4位。 県都はコロネル・オビエド。 「カアグアス」はグアラニー語で「偉大な薬草」を表す。

人口[編集]

隣接県[編集]

主要都市[編集]

カアグアス県の行政区画

歴史[編集]

16世紀17世紀ポルトガル人バンデイランテス(奥地探検隊)やカディウェウ人英語版が支配を争う現在のカアグアス県に、スペイン人が侵入した。

1712年、クレゴリオ・バサン・デ・ペドラサ (Gregorio Bazán de Pedraza)クルグアティ英語版を建設した。

1715年イビティミ英語版が建設された。

1746年サン・ホアキンスペイン語版が建設された。

1770年カラヤオ英語版が建設された。

1906年コロネル・オビエド、カラヤオ、カアグアス郡英語版をまとめてユ県スペイン語: Departamento de Yhú)が設置された。

1945年、領土再編に伴い、カアグアス県に改名された。

1973年、現在の領域が確定した。

気候[編集]

気候は穏やかで、雨が多い。 最高気温は41℃、最低気温は0℃である。 国内ではとても農業に適した土地である。

地理[編集]

経済[編集]

サン・ホセ・デ・ロス・アロヨスの再植林

他にはトマト胡瓜レタス柑橘類が生産される。 も育てられている。

交通[編集]

コロネル・オビエドの道路

著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カアグアスー県とも。例えば、国際協力機構(JICA)での使用例あり。
  2. ^ City Population閲覧日:2017年4月23日

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]