オールド・ボーイ (2013年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オールド・ボーイ
Oldboy
監督 スパイク・リー
脚本 マーク・プロトセヴィッチ
原作 土屋ガロン
嶺岸信明
ルーズ戦記 オールドボーイ
製作 スパイク・リー
ロイ・リー英語版
ダグ・デイヴィソン
製作総指揮 ネイサン・カヘイン
ジョン・パワーズ・ミドルトン
ピーター・シュレッセル
キム・ドンジュ
出演者 ジョシュ・ブローリン
エリザベス・オルセン
シャールト・コプリー
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 ブルース・ホーンズビー
撮影 ショーン・ボビット
編集 バリー・アレクサンダー・ブラウン英語版
製作会社 40エーカー・アンド・ア・ミュール・フィルムワークス英語版
マンデート・ピクチャーズ
ヴァーティゴ・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 フィルム・ディストリクト
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年11月27日
日本の旗 2014年6月28日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $4,861,022[1]
テンプレートを表示

オールド・ボーイ』(Oldboy)は、スパイク・リー監督、マーク・プロトセヴィッチ脚本による2013年11月27日公開のアメリカ合衆国スリラー映画である。日本の漫画作品『ルーズ戦記 オールドボーイ』を原作とした2003年の韓国映画『オールド・ボーイ』のリメイクである。出演はジョシュ・ブローリンエリザベス・オルセンシャールト・コプリーらである[2][3][4]

ストーリー[編集]

酒が原因で父親としても、夫としても、ビジネスマンとしても冴えないジョー(ブローリン)。 クビのかかった大事な商談も台無しとなり、自棄になり溺れるほど酒を飲んで、意識を失う。 目が覚めた場所はとある安ホテルの一室。扉は鍵がかけられ、窓のない部屋に監禁されたジョーは混乱し、助けを呼ぶが誰も応えず、ただ定期的に同じ中華料理と酒が小窓から差し出され、部屋の片隅にある隠しカメラが、監視を続けるだけだ。やがて据え付けられたテレビからショッキングなニュースが流れる。彼の妻ドナが殺され、犯人が彼だというのだ。自暴自棄になり 錯乱するジョーだが、「誰が?何の目的で?」「何故妻まで殺されたか?」「娘はどうなったのか?」何も分からないまま、長い期間監禁され続ける。自身をハメたのは誰なのか?脱出と復讐、娘への恋慕と再会を果たす為、ジョーは酒を断ち、身体を鍛え始める。やがて部屋を白いガスが覆い、深い眠りに落ちたジョーが目を覚ましたのは、公園の真ん中に置かれた大きな箱の中だった。20年ぶりに突然解放された怒れる男は、真実を知るため行動を開始する。 

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

『オールド・ボーイ』のアメリカ版リメイクは当初ジャスティン・リン監督が着手していた[5]。2008年11月、ドリームワークスユニバーサル・ピクチャーズがリメイク権を獲得し、ウィル・スミスが出演し、スティーヴン・スピルバーグを監督させることに関心を示していた[6]。リメイク権獲得以前の段階で、マーク・プロトセヴィッチに脚本執筆の話が持ちかけられていた[7]。スミスは後にスピルバーグは映画をリメイクせず、また漫画を翻案し[8]、タコを食べる場面は無くなる事を明かした[9]

2009年6月、漫画を出版する双葉社は許可なしに映画化権を売却したとして韓国のプロデューサーへの訴訟を開始した[10]。その後2009年11月、ドリームワークスとウィル・スミスがプロジェクトを降りたことが報じられた[11]。2009年11月10日、製作チームはプロジェクトの中止を発表した[12]。2011年7月11日、マンデート・ピクチャーズスパイク・リーがプロトセヴィッチの脚本を基にリメイク版を監督することが発表された[13]。リメイク版の主人公はジョシュ・ブローリンに決定し、また悪役はクリスチャン・ベールへ交渉されたが[14]、後にコリン・ファースにオファーされていると報じられた[15]。ファースが同役を断ると[16]、次はクライヴ・オーウェンにオファーされた[17]。2012年5月、悪役のエイドリアン・プライスはシャールト・コプリーに正式に決まったことが報じられた[18]。後にエリザベス・オルセン[19]サミュエル・L・ジャクソン[20]ネイト・パーカー[21]がキャストに加わったことが発表された。パーカーは後にスケジュールの都合で降板し、リチャード・ポートナウに替わった[22]

主要撮影は2012年10月に開始された[23]

評価[編集]

本作への評価は大きく割れている。映画批評サイトRotten Tomatoesには55件のレビューがあり、批評家支持率は45%、平均点は10点満点中5.4点となっている[24]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Oldboy (2013)” (英語). Box Office Mojo. 2015年5月18日閲覧。
  2. ^ Wales, George. “Josh Brolin talks Oldboy remake”. Totalfilm.com. 2012年10月23日閲覧。
  3. ^ Posted: 09/11/2012 2:25 pm Updated: 09/11/2012 2:25 pm. “Elizabeth Olsen: 'Oldboy' Role Is 'Really Exciting'”. Huffingtonpost.com. 2012年10月23日閲覧。
  4. ^ Wales, George (2012年7月27日). “Sharlto Copley talks Oldboy remake”. Totalfilm.com. 2012年10月23日閲覧。
  5. ^ “Justin Lin Talks 'Fast & Furious 4' Gig and 'Oldboy' Departure”. JustPressPlay.net. http://www.justpressplay.net/movies/the-fast-and-the-furious-4/news/justin-lin-talks-fast--furious-4-gig-and-oldboy-departure.html 
  6. ^ Michael Fleming (2008年11月6日). “Spielberg, Smith in talks for 'Oldboy'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117995429.html?categoryid=13&cs=1 2008年11月7日閲覧。 
  7. ^ Jay A. Fernandez and Steven Zeitchik (2008年11月19日). “DreamWorks sets up 'Old Boy' club”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3ia94c7ef2006ea33d10029e7153ab1f22 2008年11月19日閲覧。  [リンク切れ]
  8. ^ Brian C. Gibson (2008年11月21日). “Will Smith Says Oldboy Won't be Adaptation of Chan-wook Park's Film”. Film School Rejects. http://www.filmschoolrejects.com/news/exclusive-will-smith-talks-oldboy.php 2008年11月21日閲覧。 
  9. ^ Elisabeth Rappe (2008年11月21日). “Will Smith Definitely Starring In 'Oldboy,' Says Steven Spielberg Film Won't Be A Remake”. MTV Movies Blog. http://splashpage.mtv.com/2008/11/21/will-smith-definitely-starring-in-oldboy-says-steven-spielberg-film-wont-be-a-remake/ 2008年11月21日閲覧。 
  10. ^ “Old Boy Publisher Sues Korean Studio Over U.S. Film Rights”. Anime News Network. (20099-06-17). http://www.animenewsnetwork.com/news/2009-06-17/old-boy-publisher-sues-korean-studio-over-u.s-film-rights 2009年6月18日閲覧。 
  11. ^ “Will Smith & Steven Spielberg’s Old Boy DEAD!”. Latino Review. (2009年11月9日). http://www.latinoreview.com/news/exclusive-will-smith-steven-spielberg-s-old-boy-dead-8502 2009年11月9日閲覧。 
  12. ^ Oldboy Remake Not Proceeding After All”. Dreadcentral.com (2009年11月10日). 2012年10月23日閲覧。
  13. ^ “Spike Lee Confirmed to Direct 'Oldboy'”. /Film. (2011年7月11日). http://www.slashfilm.com/spike-lee-confirmed-direct-oldboy/ 
  14. ^ Fleming, Mike. “Josh Brolin To Star In Spike Lee's 'Oldboy' Redo For Mandate”. Deadline.com. 2012年10月14日閲覧。
  15. ^ The Tatami Galaxy (2011年11月11日). “BREAKING: Colin Firth Offered Villain Role In OLDBOY | Twitch”. Twitchfilm.com. 2012年10月14日閲覧。
  16. ^ Enter the Void (2011年12月8日). “Colin Firth Turns Down Spike Lee's OLDBOY | Twitch”. Twitchfilm.com. 2012年10月14日閲覧。
  17. ^ Youth Without Youth (2011年12月16日). “BREAKING: Clive Owen Offered Villain Role In Spike Lee's OLDBOY | Twitch”. Twitchfilm.com. 2012年10月14日閲覧。
  18. ^ “Sharlto Copley Cast in ‘Open Grave,’ Confirmed For Spike Lee’s ‘Oldboy’”. Deadline. (2012年5月1日). http://www.deadline.com/2012/05/sharlto-copley-cast-oldboy-open-grave/ 2012年5月4日閲覧。 
  19. ^ Elizabeth Olsen: 'Oldboy' Role Is 'Really Exciting'”. Huffingtonpost.com. 2012年9月25日閲覧。
  20. ^ Samuel L. Jackson Joins Oldboy”. IGN (2012年8月19日). 2012年9月25日閲覧。
  21. ^ Brian Gallagher (2012年9月4日). “Oldboy Lands Nate Parker”. MovieWeb.com. 2012年9月25日閲覧。
  22. ^ James Ransone Replaces Nate Parker in Oldboy”. ComingSoon.net (2012年10月16日). 2012年12月21日閲覧。
  23. ^ Production Starts For Spike Lee's 'Oldboy'; What Scene Is Being Shot In These On-set Photos?”. Blogs.indiewire.com (2012年10月4日). 2012年10月23日閲覧。
  24. ^ Oldboy (2013)”. 2013年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]