オーケストラル・ヒット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
オーケストラル・ヒット(ローランド・VSC3)の波形

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
オーケストラル・ヒット(ヤマハ・PSS31)の波形


オーケストラル・ヒット (Orchestral hit)、またはオーケストラ・ヒットとは、サンプリング音源の種類の1つ。オケ・ヒットオケヒと略されることも多い。

概論[編集]

擬音語で表記するなら、「ジャンッ」「ガンッ」といった感じの、非常に厚みのある短い音である。

ヒップホップの創始者であるアフリカ・バンバータの1982年の楽曲「プラネット・ロック(Planet Rock)」で用いられたのが世界初の使用例である[1]

受容[編集]

アフリカ・バンバータが1982年に発表した「プラネット・ロック(Planet Rock)」という楽曲で初めてオーケストラル・ヒットが使われて以来[1]、使用が容易なことやそのサウンドのインパクトから、瞬く間にポピュラー音楽の分野で広く用いられるようになった。

フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの『トゥートライブス(Two Tribes)』(1984年)でも使用されている。 また有名な使用例として、マイケル・ジャクソンの楽曲「BAD」の冒頭部分や、イエスの「ロンリー・ハート」(Owner of a Lonely Heart)が挙げられる[2]

日本では1983年のアニメ映画『うる星やつら オンリー・ユー』で使用され、ビーイング系アーティストの楽曲に一時期多用された。

80年代後半にもなると食傷気味とされ一般的な音楽シーンでの利用頻度は低くなっていったが[3]、一方でシンセサイザーや電子楽器、MIDI音源のプリセット音に収録されるようになり他の分野での利用が拡大した。

ゲームミュージックでは1985年に登場したアーケードゲームコスモポリス ギャリバン』が業界初に用いられ[4]、その後もゲームセンターで存在感を示すためか、オーケストラヒットを多用する製品がかなり見られた。

2000年代に入ると、1980年代への懐古的なイメージや、「素人くささ」を意図的に演出するための用法が見られる。

収録されている機材[編集]

AKAI[編集]

  • SG01k

ENSONIQ[編集]

E-MU[編集]

KAWAI[編集]

KORG[編集]

Roland[編集]

  • JVシリーズ(JV-1080 JV-2080)
  • SCシリーズ(SC-55 SC-55mkII SC-88 SC-88Pro)
  • XPシリーズ(XP-10 XP-30 XP-50 XP-60 XP-80)
  • Dシリーズ(D-5 D-10 D-20 D-50)

YAMAHA[編集]

サンプリングCD[編集]

BEST SERVICE

  • PS55 RETRO SAMPLER

脚注[編集]

  1. ^ a b Fink (2005, p. 1)
  2. ^ Di Nicolantonio (2004)
  3. ^ Warner (2003, p. 105)
  4. ^ 藤原茂樹プロフィール”. 株式会社ゼロイチ. 2017年8月29日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]