オットー (オーストリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オットー陽気公と息子たち

オットー(Otto, 1301年6月23日 - 1339年2月17日)は、ドイツ王アルブレヒト1世と王妃エリーザベト・フォン・ケルンテンの末息子。兄アルブレヒト2世の共同統治者としてオーストリア公(1330年 - 1339年)、ケルンテン公(1335年 - 1339年)であった。オットー陽気公(Otto der Fröhliche)と呼ばれる。兄には他にボヘミアルドルフ1世、ドイツ王フリードリヒ3世(美王)、オーストリア公レオポルト1世がいる。

母方の叔父でルドルフ1世とボヘミア王位を争ったハインリヒ6世の死後、ケルンテン公国を兄アルブレヒトとともに相続した。

1325年にバイエルン公シュテファン1世の娘エリーザベトと結婚したが、1330年に死別した。1335年にボヘミア王ヨハンの娘アンナと再婚したが、1338年に死別し、翌1339年に自身も死去した。先妻エリーザベトとの間にフリードリヒ(1327年 - 1344年)、レオポルト(1328年 - 1344年)の2男がいたが、いずれも早世した。後妻アンナとの間の子はなかった。

先代:
フリードリヒ1世
オーストリア公
1330年 - 1339年
アルブレヒト2世と共同統治
次代:
アルブレヒト2世
(単独統治)
先代:
ハインリヒ6世
ケルンテン公
1335年 - 1339年
アルブレヒト2世と共同統治
次代:
アルブレヒト2世
(単独統治)