エンダイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンダイブ
Cichorium endivia field.jpg
エンダイブ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : タンポポ亜科 Cichorioideae
: キクニガナ属 Cichorium
: エンダイブ C. endivia
学名
Cichorium endivia L.
和名
キクヂシャ
英名
Endive

エンダイブ: Endive 、学名:Cichorium endivia)は、ヨーロッパ原産のキク科の一年草で、野菜である。和名はキクヂシャ(「」+レタスの和名「チシャ」による)。同じキクニガナ属の多年生野菜チコリーと同様に独特の苦みがあるが、見かけはチコリーと違い非結球レタスに似ている。緑の葉または軟白栽培した黄白色の葉を、生(サラダ)または加熱調理して食べる[1]。生産量はフランスベルギーで多い。

味はチコリーとよく似ているため混同されることが多い。フランスではシコレ(Chicorée)ということが多く、単にアンディーヴ(Endive)というと普通はチコリーを指す。アメリカ合衆国ではエンダイブを誤ってチコリーと呼ぶこともある。

脚注[編集]

  1. ^ 「世界の食用植物文化図鑑」p176 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷