エンダイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エンダイブ
Cichorium endivia field.jpg
エンダイブ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : タンポポ亜科 Cichorioideae
: キクニガナ属 Cichorium
: エンダイブ C. endivia
学名
Cichorium endivia L.[1]
和名
キクヂシャ[1]
英名
Endive

エンダイブ: Endive 、学名:Cichorium endivia)は、東地中海沿岸原産のキク科キクニガナ属の一年草で、野菜である。和名はキクヂシャ(「」+レタスの和名「チシャ」による)。ニガチシャ[1]、メリケンサラダ[1]という別名もある。同じキクニガナ属の多年生野菜チコリーと同様に独特の苦みがあるが、見かけはチコリーと違い非結球レタスに似ている。

概要[編集]

レタスのなかまで、葉の多くは深い切れ込みが入って細かく縮れており、特有の苦味があるのが特徴[2]。 現在流通している品種は、大別すると葉に切れ込みのあるゴールデンハート・サマー種と切れ込みのない丸葉のエスカロール種、ブロードリーフ・バタビアン種に分けられる。 緑の葉または軟白栽培した黄白色の葉を、生(サラダ)または加熱調理して食べる[3]。生産量はフランスベルギーで多い。 日本国内で流通しているエンダイブはほぼ国内産であり、主な産地は千葉、長野県である[4][5]。初夏に青い花を咲かせるため、家庭園芸用として栽培されることもある。また、水耕栽培に適した野菜の一つとされ、植物工場でも栽培されている[6]

人類との関わりは古く、古代エジプトでは食用、観賞用として栽培されていた。古代ローマの博物学者プリニウスの著書『博物誌』にも記述がある。日本には江戸時代初期に入ってきたとみられ、貝原益軒の『大和本草』にも「紅毛萵苣」として記載されている[5]

野菜としての主なは、10月 - 3月とされる[2]。葉先が瑞々しく、細かく縮れているものが市場価値の高い良品とされる[2]。内側の葉はやわらかく、一般的にサラダお浸しなどに使われるが、外側の葉はややかたいことから、炒め物などに向いている[2]。 可食部100グラム (g) あたりの熱量は15キロカロリー (kcal) ほどで、抗酸化作用があるβ-カロテンなどのビタミン類が多く、カルシウムや、余分な塩分を体外へ排出する作用があるカリウムなども豊富に含まれる[2]。緑色が濃い外葉は、β-カロテンが多く含まれている[2]

味はチコリーとよく似ているため混同されることが多い。フランスではシコレ(Chicorée)ということが多く、単にアンディーヴ(Endive)というと普通はチコリーを指す。アメリカ合衆国ではエンダイブを誤ってチコリーと呼ぶこともある。日本でのチコリは葉が開く前の状態で出荷されるため見分けはつけやすい。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Cichorium endivia L.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 主婦の友社編 2011, p. 237.
  3. ^ バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント『世界の食用植物文化図鑑』山本紀夫監訳、柊風舎、2010年1月20日、第1刷、176頁
  4. ^ 農林水産省「Let's農業 19号」関東農政局国営土地改良事業地区営農対策委員会事務局農村計画部資源課 2015年5月18日閲覧
  5. ^ a b 武政 1997, pp. 42–43.
  6. ^ 第2章 豊かなくらしに寄与する光 2 光と植物-植物工場」、文部科学省、2015年5月18日閲覧

参考文献[編集]

  • 主婦の友社編 『野菜まるごと大図鑑』主婦の友社、2011年2月20日、237頁。ISBN 978-4-07-273608-1 
  • バーバラ・サンティッチ; ジェフ・ブライアント 著、山本紀夫 訳 『世界の食用植物文化図鑑』柊風社、2010年。ISBN 9784903530352 
  • 武政三男 『スパイス&ハーブ辞典』文園社、1997年。ISBN 4893361015