エルシリオ・ルス国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エルシリオ・ルス国際空港
Aeroporto Internacional de Florianópolis-Hercílio Luz
Sbfl.jpg
IATA: FLN - ICAO: SBFL
概要
国・地域 ブラジルの旗 ブラジル
所在地 フロリアノーポリス
母都市 フロリアノーポリス
種類 軍民共用
所有者 Infraero
運営者 チューリッヒ空港株式会社(2017年-)
標高 5 m (16 ft)
座標 南緯27度40分13秒 西経048度33分09秒 / 南緯27.67028度 西経48.55250度 / -27.67028; -48.55250座標: 南緯27度40分13秒 西経048度33分09秒 / 南緯27.67028度 西経48.55250度 / -27.67028; -48.55250
公式サイト Infraero FLN
地図
ブラジルにおける位置
ブラジルにおける位置
FLN
ブラジルにおける位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
03/21 1,500×45 コンクリート
14/32 2,300×45 アスファルト
統計 (2015年)
旅客数 3,693,486人
貨物取扱量 4,682トン
発着回数 47,347回
統計:Infraero[1]
出典:空港の公式サイト[2]、ANAC (en) [3]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

エルシリオ・ルス国際空港(エルシリオ・ルスこくさいくうこう)は、ブラジルフロリアノーポリスにある空港である。フロリアノーポリスの都心部からは10キロメートルほどの位置にある。海岸近くにある空港であり標高は5メートルほどと低い土地に作られた空港である。空港名はサンタカタリーナ州知事を3回を務め、上院議員も務めた Hercílio Pedro da Luz (pt) にちなむ。現在はインフラアエロが運営している。空港の一部はブラジル空軍フロリアノーポリス空軍基地と共用されている。

2017年3月16日、チューリッヒ空港株式会社 (Flughafen Zürich AG) がコンセッションを取得し、空港を運営・拡張する権利を得た。コンセッション契約を締結後、空港を100%所有し、2047年まで運営する予定である[4]

事件・事故[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Estatísticas” (ポルトガル語). Infraero (2016年2月2日). 2016年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  2. ^ 空港の公式サイト” (ポルトガル語). Infraero. 2017年4月6日閲覧。
  3. ^ Lista de aeródromos públicos” (ポルトガル語). ANAC. 2017年4月6日閲覧。
  4. ^ Flughafen Zürich AG wins concession for airport in Brazil”. チューリッヒ空港 (2017年3月16日). 2017年3月17日閲覧。
  5. ^ Accident description PP-CCX”. Aviation Safety Network. 2011年7月21日閲覧。
  6. ^ Accident description PT-TYS”. Aviation Safety Network. 2011年7月21日閲覧。
  7. ^ Germano da Silva, Carlos Ari César (2008). “Transbrasil 303” (ポルトガル語). O rastro da bruxa: história da aviação comercial brasileira no século XX através dos seus acidentes 1928–1996 (2 ed.). Porto Alegre: EDIPUCRS. pp. 313–317. ISBN 978-85-7430-760-2. 

外部リンク[編集]