エフゲニー・シャポシニコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エフゲニー・シャポシニコフ
Евгений Шапошников
Shaposhnikov170.png
Flag of the CIS.svg 独立国家共同体統合軍総司令官
任期
1992年2月14日 – 1993年9月24日
前任者統合軍創設
後任者統合軍廃止
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
第8代国防大臣
任期
1991年8月23日 – 1991年12月21日
大統領ミハイル・ゴルバチョフ
総理イワン・シラーエフ
前任者ミハイル・モイセーエフロシア語版(代行)
後任者廃止
連邦崩壊
個人情報
生誕 (1942-02-03) 1942年2月3日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロストフ州
死没2020年12月8日(2020-12-08)(78歳)
ロシアの旗 ロシアモスクワ
国籍ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシアの旗 ロシア
政党ソビエト連邦共産党
兵役経験
所属国ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
所属組織 ソビエト連邦空軍
 ロシア航空宇宙軍
軍歴1963–1993
最終階級SA AF F9Mars 1974 h.svg 航空元帥英語版
指揮第16航空・防空軍英語版
ソ連空軍
戦闘アフガニスタン紛争
シャポシニコフ(プーチンの右)

エフゲニー・イワノヴィチ・シャポシニコフЕвгений Иванович Шапошников[1]1942年2月3日 - 2020年12月8日)は、ソビエト連邦およびロシア軍人政治家。ソビエト連邦最後の国防相航空元帥

経歴[編集]

ロストフ州に生まれる。父のイワン・シャポシニコフはソ連陸軍軍曹独ソ戦に出征し、戦争終結の一週間前に戦死している。

1959年ソ連軍に入隊。1963年ソ連共産党入党。1963年ハリコフ高等航空飛行学校卒業。1969年ガガーリン名称空軍アカデミー(空軍大学)卒業。1984年ソ連軍参謀大学卒業。1985年オデッサ軍管区空軍司令官。1987年東ドイツ駐留ソ連軍空軍司令官。1988年ソ連空軍第一副総司令官。1990年7月ソ連空軍総司令官兼国防次官、ソ連共産党中央委員

1991年8月のクーデターでは、国家非常事態委員会のメンバーとしてクーデターに関与したドミトリー・ヤゾフ国防相・ソ連邦元帥から出動を命令されるが、空挺軍パーヴェル・グラチョフ総司令官(後にロシア連邦国防相)と相談の上、上官であるヤゾフ国防相に抗命する。クーデター失敗後、ミハイル・ゴルバチョフ大統領によって国防相に任命され、航空元帥に昇進したが、ソ連共産党を離党した。参謀総長にはウラジーミル・ロボフ上級大将が任命され、シャポシニコフ=ロボフのコンビは、ソ連軍改革に取り組もうとしたが、その矢先、ソビエト連邦の崩壊に遭遇する。

ソ連崩壊後、1992年2月から1993年6月まで、CIS(独立国家共同体統合軍ロシア語版総司令官に就任し、核兵器などの戦略兵器の管理に当たる。

合同軍解散後は、1993年6月ロシア連邦安全保障会議書記。1993年9月駐ニュージーランド大使。1994年1月国営兵器輸出会社ロスヴォオルジェニエ大統領代表。1997年3月ロシア大統領顧問、補佐官。1995年10月アエロフロート社長などを歴任した。

2020年12月8日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によりモスクワで死去し、連邦戦争記念墓地ロシア語版に埋葬された。78歳没[2][3]

人物[編集]

演劇を好む。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ラテン文字転写の例:Evgenii Ivanovich Shaposhnikov
  2. ^ “Умер последний министр обороны СССР Евгений Шапошников” (ロシア語). ria.ru. (2020年12月8日). https://ria.ru/20201208/shaposhnikov-1588278216.html 2020年12月9日閲覧。 
  3. ^ “Умер последний министр обороны СССР маршал Шапошников” (ロシア語). kommersant.ru. (2020年12月8日). https://www.kommersant.ru/doc/4604713 2020年12月10日閲覧。 
軍職
先代:
アレクサンドル・エフィモフ英語版
ソ連空軍総司令官英語版
1990年–1991年
次代:
ピョートル・ダイネキン英語版
ロシア空軍総司令官英語版
先代:
創設
独立国家共同体統合軍ロシア語版総司令官
1992年–1993年
次代:
廃止
公職
先代:
ミハイル・モイセーエフロシア語版
国防大臣代行
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦国防大臣
1991年
次代:
ボリス・エリツィン
ロシア連邦国防大臣代行
先代:
ユーリ・スココフ
ロシアの旗 ロシア連邦安全保障会議書記
1993年
次代:
オレグ・ロボフ