エドワード・バンカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エドワード・バンカー
Edward Bunker
エドワード・バンカー Edward Bunker
バンカーのマグショット(時期不明)
生年月日 (1933-12-31) 1933年12月31日
没年月日 (2005-07-19) 2005年7月19日(71歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ハリウッド
身長 187cm
職業 俳優
テンプレートを表示

エドワード・バンカーEdward Bunker1933年12月31日 - 2005年7月19日)はアメリカ合衆国の元犯罪者の作家脚本家俳優カリフォルニア州ハリウッド出身。映画に出演する際はエディ・バンカー(Eddie Bunker)名義を用いることもあった。

経歴[編集]

少年時代から犯罪に携わり、少年院刑務所を出入りして過ごす。獄中で執筆したデビュー作『ストレートタイム』(1973年)が、1978年ダスティン・ホフマン主演で映画化された。脚本を担当したマイケル・マンはバンカーから話しを聞くため何度も刑務所を訪れ交流を深め、映画「ヒート」でジョン・ヴォイト演じるネイトのキャラクターのモデルにした。

以降も、自身の体験や裏社会を舞台にリアルに描写した[1]犯罪小説を書き続けた。また彼の小説のファンであるクエンティン・タランティーノ監督の『レザボア・ドッグス』をはじめ、多くの映画に出演している。

邦訳作品[編集]

  • ストレートタイム(1978年8月) - 角川書店(のち文庫)
  • ドッグ・イート・ドッグ(1997年7月) - 早川書房(ハヤカワ文庫NV)
  • リトル・ボーイ・ブルー(1998年10月) - ソニー・マガジンズ
  • アニマル・ファクトリー(2000年10月) - ソニー・マガジンズ
  • エドワード・バンカー自伝(2003年2月) - ソニー・マガジンズ

映画[編集]

脚注[編集]