エドムンド・オブ・ラングリー (初代ヨーク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代ヨーク公エドマンド・オブ・ラングリー

初代ヨーク公エドマンド・オブ・ラングリーEdmund of Langley, 1st Duke of York, 1341年6月5日 - 1402年8月1日)は中世イングランドプランタジネット朝)の王族で、国王エドワード3世と王妃フィリッパ・オブ・エノーの第5子で四男である。エドワード黒太子クラレンス公ライオネル・オブ・アントワープランカスター公ジョン・オブ・ゴーントの弟、グロスター公トマス・オブ・ウッドストックの兄。

ヨーク家の始祖であり、彼の孫が後にランカスター朝から王位を奪おうと薔薇戦争を引き起こしたヨーク公リチャード・プランタジネットである。ヨーク朝創始者エドワード4世の曽祖父でもある。

経歴[編集]

1341年、エドワード3世とフィリッパ・オブ・エノーの子として生まれた。中世イングランドの王子の多くがそうであったように、彼にも出生の地であるハートフォードシャーキングス・ラングリーにちなんで、「エドマンド・オブ・ラングリー」というニックネームが付けられた。1362年に21歳でケンブリッジ伯に列せられたエドマンドは、翌1363年に父の策略でフランドル伯ルイ2世の1人娘で相続人のマルグリットとの結婚が予定されていたが、フランスシャルル5世の妨害で無効にされた[1]

1377年に甥のリチャード2世が即位するとその補佐を行う評議会の一員になり、1385年にはヨーク公に列せられた[2]。しかし1399年、リチャード2世がアイルランドへ遠征に出かけると留守の守備を任されたが、その隙に別の甥ヘンリー・ボリングブルック(後のヘンリー4世)が挙兵、たちまち大勢の貴族がボリングブルックに寝返ると麾下の部隊が降伏した。ヨーク公は急遽帰国したリチャード2世と合流したが、彼が廃位されボリングブルックがヘンリー4世として即位すると引退、1402年に出生地キングス・ラングリーで61歳で亡くなり、遺体は同地の托鉢修道会の教会に埋葬された[3]

家族[編集]

最初の妻イザベラ・オブ・カスティルは、カスティーリャ王ペドロ1世マリア・デ・パディーリャの娘で、三兄ジョン・オブ・ゴーントの2番目の妻コンスタンスの妹であった[4]。彼らは2男1女をもうけた。

1392年にイサベラが他界すると、ケント伯トマス・ホランドの娘で又従姉妹にあたるジョウン・ドゥ・ホランド[5]と再婚するが子供は生まれなかった。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョン・オブ・ゴーント エドムンド・オブ・ラングリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー4世
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・プランタジネット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード4世 リチャード3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー7世
 
エリザベス・オブ・ヨーク
 
エドワード5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ 尾野、P23、佐藤、P102。
  2. ^ 森、P160 - P161、P164、川北、P106、P110、ロイル、P32 - P33、P52。
  3. ^ 森、P167 - P169、尾野、P24、川北、P113、ロイル、P80 - P81。
  4. ^ 森、P231、尾野、P24。
  5. ^ エドマンドもジョウンもエドワード1世の血を引いている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公職
先代:
トマス・レインズ卿
五港長官
Lord Warden of the Cinque Ports

1376年 - 1381年
次代:
ロバート・アシュトン卿
先代:
バーモント卿
五港長官
Lord Warden of the Cinque Ports

1396年 - 1398年
次代:
ドーセット侯
イングランドの爵位
先代:
新設
ケンブリッジ伯
1362年 - 1402年
次代:
エドワード・オブ・ノリッジ
先代:
新設
ヨーク公
1385年 - 1402年