エスニックジョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エスニックジョーク (: ethnic joke) とは、ある民族民族性、もしくはある国民性を端的にあらわすような話によって笑いを誘うジョークのことを言う。

民族文化への風刺という性質上、社会的なタブー民族差別)に抵触する部分があり、ブラックジョークの一種に分類される事も多い。

概要[編集]

エスニックジョークとは、ある民族もしくはある国の国民が一般的に持っていると思われている典型的な性格や行動様式などに着目し、その特徴を端的に表現したり、揶揄するようなエピソードを紹介することで笑いを誘うものである。このため、ある民族、国民が一般的に持っていると思われている特徴、例えば「日本人は集団主義者である」、「ドイツ人は合理的である」というような特徴が共通理解となっていて初めて成立するジョークである。

こうしたジョークをエスニックジョークと呼ぶようになったのは1970年代頃であると考えられている[origin 1]

差別性[編集]

エスニックジョークに用いられている民族性(国民性)とは当然、ステレオタイプなものであり、必ずしも現実と一致しているものではない。この為、差別的ととらえられる場合もありうる。

エスニックジョークが親しまれている国では、ネタにする立場の人とネタにされる立場の人の間で、ジョークが差別的かつ侮蔑的だという理由で確執が生まれたりすることはあまり無く、むしろ互いの民族(国民)の典型的な特徴を指摘して笑いあうという関係を楽しんでいることが多い

ジョークの例[編集]

  • 様々な民族の人が乗った豪華客船が沈没しそうになる。それぞれの乗客を海に飛び込ませるには、どのように声をかければいいか?[1]
    ロシア人(海の方を指して)「あっちにウォッカが流れていってますよ」
    イタリア人「海で美女が泳いでます」[1]
    フランス人「決して海には飛び込まないで下さい」[1]
    イギリス人「こういうときにこそ紳士は海に飛び込むものです」
    ドイツ人「規則ですから飛び込んでください」
    アメリカ人「今飛び込めば貴方はヒーローになれるでしょう」[1]
    中国人「おいしい食材が泳いでますよ」[1]
    日本人「みなさん飛び込んでますよ」
    韓国人「日本人はもう飛び込んでますよ」[1]
  • ハワイ人女性がワイキキのバーにアヒルを抱かえてやってきた。
    バーテンダーは彼女を呼び止め「ちょっと、こんなところにブタを連れてきちゃ困るんだが」と言った。
    するとハワイ人女性は答えた。「何言ってんだい、これはブタじゃなくてアヒルだよ」
    バーテンダーはそれを聞いて言った。「俺はアヒルに話しかけてんだ」
  • レストランで、自分が頼んだビールの中にハエが混入していたらどうするか?
    ドイツ人:アルコールなので細菌はいないとハエを取り出してそのまま飲む。
    イギリス人:ビールには手をつけず、店主に皮肉を言ってから店を出る。
    フランス人:ビールには手をつけず、店主に文句を言ってから店を出る。
    スペイン人:ビールには手をつけず、黙って店を出る。
    アメリカ人:ハエを取り出してビールを飲み干し、店に対して訴訟をおこす。
  • この世の天国「コックはフランス人 、警官はイギリス人 、技師はドイツ人 、銀行家はスイス人、恋人はイタリア人」
    この世の地獄「コックはイギリス人、警官はドイツ人、技師はフランス人、銀行家はイタリア人、恋人はスイス人」
  • ユダヤ人の男たちが集まって、それぞれの国の暮らしを話題にしている。
    ある男が、「世界で最も幸福な男は?」と聞くと、「アメリカの家に住み、イギリスの服を着て、中国の料理を食べ、日本の女を妻にした男だ」と答えが一致する。
    逆に、最も不幸な男は?と聞くと、「日本の家に住み、中国の服を着て、イギリスの料理を食べる男だ」と答えが一致する。
    じゃあどこの女を妻にしたら不幸なんだ?と聞くと、全員が声を揃えて言った。「アメリカ女に決まってるじゃないか!」
  • どうしても相容れない相手を追い落とそうとした時の対処法。
    日本人:周囲に根回しして精神的に追い詰め、最終的に追い出す。
    中国人:和解をする振りをして握手をし、直ぐ様もう一方の手で背後から刺す。
    韓国人:真っ正面から泣き怒鳴り散らして殴りかかる。
  • 酒の席で酔ったアジア人を見分けるには、「この後どうする?」と聞く。
    日本人:「君はどうするんだい?」と聞き返す。
    中国人:「奢ってくれたら付き合うよ」って返事する。
    韓国人:何も言わず次の店へ引っ張ってゆく。
  • フランス人と日本人、そしてロシア人がツァーリに捕えられ、それぞれ小部屋に幽閉された。
    ツァーリは三人に鋼鉄のボールを三個ずつ渡し、何かびっくりするような芸をするよう命じた。勝者は放免され、敗者は処刑されることになる。
    フランス人は、一週間ぶっ通しでジャグリングを披露した。日本人は、枯山水を作り出した。
    ところがロシア人は、ボール一個を手にしたまま、悲しげに自分の小部屋に座り込んでいた。そこでツァーリがロシア人に、一体何をしているのか、他のボールをどうしたのかを訊いた。
    するとロシア人はこう答えた。「一個は壊しちまって、あとのもう一個はどっかへ行っちまったんでさぁ・・・」
  • 問題が発生したら、それぞれの国ではどんな対処をするのか。[1][2]
    ドイツ:最短の時間と最低のコストで解決する。
    アメリカ:解決のためにはコストを惜しまず最速の手段を講じるが、何故かドイツ人よりも解決に時間がかかる。
    スイス:国民投票にかけて結果を採用する。
    ベルギー:解決策だった筈が、何時の間にか問題を起こす原因となっている。
    フランス:喧々囂々の挙句にデモが発生し、問題が深刻化。
    イギリス:まずはティータイムにでもしようか→解決したことにしよう
    アイルランド:まずはエールを一杯・二杯・三杯・・・・・・あれ、何が問題なんだっけ?
    スペイン:まぁ昼寝でもするか→問題点はそのまんま
    イタリア:兎に角パスタでも食え→解決したことにしよう
    スウェーデン:アイデアは思いつくものの、どうすれば好いのか解らずイケアサポートデスクに電話する。
    アイスランド:「まぁ、何とかなるんじゃね?(Petta reddast)」→問題点は有耶無耶に
    ギリシャ:政府も企業も商店も全部閉鎖する。
    フィンランド:まずはウォッカを一杯・二杯・三杯・四杯・五杯・六杯・七杯・・・・・・・・・・・・・・・
    ロシア:(問題を起こした当事者は勿論、問題を指摘した者なども含めて)関係者全員を兎に角逮捕して、解決したことにする。
    中国:我が国にはその様な問題は存在しない!!
    インド:聖なるにお伺いを立てて、お告げが解決策となる。
    北朝鮮:この国では問題点も解決策も偉大なる第一書記によって指導される。
    南アフリカ:ラグビーの試合で決着をつける。
    オーストラリア:兎に角バーベキューでもするか→解決したことにしよう
    ブラジル:サッカーの試合で決着をつける。
    ジャマイカ:問題点を巻いて火点けて・・・・・・問題点なんてありませんぜメーン♪

このほかにも、「無人島ジョーク」、「電球ジョーク」、「イングランド人とアイルランド人とスコットランド人」と呼ばれるものなどがある。いずれの場合も特定のシチュエーションにおいて様々な民族(国民)の人がなんらかの発言・行動をし、それがその民族(国民)のステレオタイプな特徴とよく一致する、というパターンが多い。

解説[編集]

  1. ^ a b c d e f これには様々なパターンがあり、イタリア人とフランス人への指示が逆のケース・アメリカ人への指示が「貴方には保険金がかかっていますから、安心して飛び込んで下さい」のケース・中国人ないし韓国人への指示が「一族の長老の命令ですので、飛び込んで下さい」などがある。
  2. ^ トラブル発生! そのとき各国では……世界のお国柄がひとめでわかる「世界トラブル解決ガイドライン」 なお、この他にも、アメリカの解決策が「銃で解決する」となっていたり、堂々巡りの果てにかなり問題点が深刻になってしまう(アルゼンチン)・そもそも問題点なの?で終了(チェコ)というのがついているバージョンもある。

出典[編集]

  1. ^ 『エスニックジョーク―自己を嗤い、他者を笑う』 23頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]