エザーフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エザーフェ(ezāfe、ペルシア語: اضافه‎、イザーファとも表記されることがある) はペルシア語文法において二つの名詞をつなぐ際に用いられる規則である。

名称[編集]

エザーフェという用語は、アラビア語: إضافة‎ (iḍāfa イダーファ) の借用で、「追加」や「付加」を意味する。タジク語ではイゾファウルドゥー語ではイザーファトと呼ばれる。

ただし、アラビア語の文法用語としては、属格を使った名詞の修飾を指し、ペルシア語のエザーフェとは異なる。

概要[編集]

ペルシア語において名詞または形容詞が別の名詞を修飾する場合、前の名詞(修飾される名詞)の語尾に強勢を置かない「-e」もしくは「-i」を付加する。母音の後ろではさらに「-y-」を付加して「-ye」などの形になる。

エザーフェの使用例を以下に示す[1]

  • 所有格: barādar-e Maryam - Maryamの兄弟 (これは代名詞が後ろに来る場合も使用される。barādar-e man、私の兄弟など。しかし、講演などでは所有格接尾辞を用いてbarādar-amとすることが多い)
  • 形容詞として名詞を修飾: barādar-e bozorg (兄、年上の兄弟)
  • 名と姓を繋ぐ場合: mohammad-e mosaddegh (Mohammad Mosaddeq), āghā-ye mosaddegh (Mr. Mosaddeq - Mosaddeq氏)

エザーフェは古代ペルシア語中期ペルシア語になる段階でペルシア語内で生じたものだが、言語構造が全く異なるテュルク諸語でも用いられることがある。オスマン語は語彙、語法の面でペルシア語から多くを取り入れたが(オスマン帝国の公式名はDevlet-i Âliye-i Osmaniyyeである)、オスマン語では「-e」ではなく「-i」もしくは「ı」を追加する。ウルドゥー語においてもエザーフェの影響が見られ、特ににおいてその傾向が強い。

表記[編集]

イランのペルシア語やアフガニスタン・ダリー語のようにアラビア文字ペルシア文字)を用いる場合、エザーフェは多くの場合明示されない[2]。これは、アラビア文字(ペルシア文字)が基本的に子音のみからなるためであり、単語末の子音に母音が加わっても綴りが変わらないためである。ただし、エザーフェがあることを明示するためにエザーフェの部分のみ母音記号のカスラが振られることもある。

単語の終わりが母音であり、綴りの最後の文字がیまたはهの場合は、これらの上にءを表記することになっている。ただし、実際にはこのءは省略されることが多く、その場合もエザーフェは明示されないことになる。

単語の終わりが母音でかつ上記以外の文字、すなわちاまたはوの場合は、エザーフェは単語末にیを追加することで表される。このیは必ず表記されるので、この場合に限ってエザーフェは常に明示されることになる。

キリル文字を用いるタジク語では и (-i) を表記する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Leila Moshiri, Colloquial Persian (Routledge, 1988: ISBN 0-415-00886-7), pp. 21–23.
  2. ^ Simin Abrahams, Modern Persian (Routledge, 2005: ISBN 0-7007-1327-1), p. 25.

外部リンク[編集]