エクスカリバー・アルマース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクスカリバー・アルマース
Excalibur Almaz
種類 Private company
本社所在地 マン島ダグラス
設立 2005年
業種 輸送用機器
代表者 アート・デューラ英語版 CEO
外部リンク excaliburalmaz.com
テンプレートを表示

エクスカリバー・アルマース英語: Excalibur Almaz)は民間宇宙飛行企業であり、近代化したTKS宇宙船アルマース宇宙ステーションを利用しての有人宇宙飛行を計画している。これらの宇宙機は、かつて非公表であったソビエトの宇宙計画を基にしている。サービス(ミッション)としては、軌道宇宙旅行微小重力環境英語版下における実験のためのテストベッドが提供される見通し。[1][2]

2009年の発表では、打ち上げ試験が2012年、商業飛行は早ければ2013年にも開始するとしていたが[3]、2012年の発表では、ミッションに月周回軌道への有人飛行が追加された上で、テスト飛行が2014年へと延期されている[4]

宇宙船[編集]

エクスカリバー・アルマースの宇宙船(構想図)

TKS宇宙船が輸送を行うのはアメリカのジェミニ計画で遣われたカプセルに似た宇宙カプセル英語版の輸送だが、ジェミニ計画では定員2人だったことに対し、3人の乗客を乗せられることを計画している。乗客は様々な宇宙旅行を行っている国のロケットのどれかに乗ることが可能で、乗客の安全を確実にするために打ち上げ脱出システムが搭載されている。乗客はパラシュートとレトロロケットを使用して陸上または海上に戻って来る。

アルマース宇宙ステーションは国際宇宙ステーションとも関係している、ソビエトとロシアのサリュートミールと同様の宇宙ステーションである。これはオリジナルのアルマースステーション(サリュート2号、3号、および5号)の設計がミールとISSの与圧モジュールの基礎として使用されたからである。エクスカリバー・アルマース社の宇宙ステーションには将来大型の窓を持つ観光宇宙船が訪れるだろうと予想されている。


1978年に無人飛行ミッションに使用された後地上に回収され、その後は訓練用としても使われていた再突入カプセルを同社はロシアから購入していたが、このカプセルはベルギーで競売に出されることになったことが2014年4月に明らかにされた。予想落札価格は140万ユーロ(約1億9800万円)とのこと[5]

会社[編集]

エクスカリバー・アルマース社の基地はマン島ダグラス市にあり、事務所はアメリカ合衆国ヒューストンロシア連邦モスクワにある。会社は自己所有の宇宙船と回復操作、打ち上げシステム、コントロールシステム、リカバリーシステムを持つにも関わらず、契約法専門家のサービスを有している。

創設者を含む会社概要[編集]

最高経営責任者および宇宙法のエキスパートとしてアート・デューラ英語版最高財務責任者と宇宙商業事業のベテラン、バックナー・ハイタワー (Buckner Hightower)、セールス&マーケティング副社長としてクリス・ストット (Chris Stott)が在籍している。ストットはマンサット (ManSat) の最高経営責任者でもあり、国際宇宙大学の卒業生でもある。会社の最高執行責任者アメリカ空軍将軍(予備役)のディーク・ジェームソン (Dirk Jameson) で、アメリカ空軍のヴァンデンバーグ空軍基地ミサイル発射基地の指揮を執っていた。宇宙船チーフオペレーターはリロイ・チャオ英語版で、国際宇宙ステーションでNASA宇宙飛行士の指揮を執っていた。

諮問委員会構成員[編集]

諮問委員会の構成員にはジョンソン宇宙センターのディレクター、ジョージ・アッビー英語版がいる他、ケネディ宇宙センターのディレクターとロッキード・マーティンの元宇宙技術部門社長であるジェイ・ハニーカット (Jay Honeycutt) 、元スペースシャトル宇宙飛行士およびVASIMRプラズマロケットエンジンの発明者、フランクリン・チャン=ディアス、元欧州宇宙機関宇宙飛行士ジーン-ループ・クレティエン英語版、元ロシア人宇宙飛行士ヴラジミア・ティトフ英語版ユーリ・グラズコフがいる。

参考文献[編集]

出典[編集]

  • Siddiqi, Asif A., The Almaz Space Station Complex: A History. 1964-1992, part 1, JBIS, Vol 54, No 11/12, November/December 2001.

外部リンク[編集]