ポリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポリウス
Polyus cutaway.png
ポリウスの内部構造
任務種別 技術試験
任務期間 打ち上げ失敗
特性
打ち上げ時重量 80,000キログラム (180,000 lb)
寸法 37m x 4.10m
任務開始
打ち上げ日 15 May 1987 (1987-05-15)
ロケット エネルギア
打上げ場所 バイコヌール 250射点
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
元期 計画
ポリウスを備えたエネルギア

ポリウスロシア語: Полюс, ラテン文字転写: Polyus地理極の意)は、Polus, Skif-DM, GRAU インデックス 17F19DMとしても知られるソビエト連邦で開発されたSDI衛星攻撃用兵器を炭酸ガスレーザーで破壊するために設計された宇宙兵器の試作機である。[1] 軌道制御と射撃試験を実証する火器管制装置を可能にする貨物ブロックはTKS宇宙船から流用した。

炭酸ガスレーザーを搭載し、敵の衛星(当時アメリカ合衆国が進めていた戦略防衛構想(SDI)により配備された衛星)を攻撃することを目標としていた。1987年5月15日バイコヌール宇宙基地の250射点より打ち上げられたが軌道投入に失敗し、実際に配備されることはなかった。なお、ポリウスはエネルギアが最初に打ち上げた物体であった。[2]

軌道に投入できなかった理由として当時、緊張緩和に向かい始めていた政治情勢において試験目的とはいえ、新たに大型の宇宙兵器を配備する事は望ましくないと当時のゴルバチョフ大統領が判断したことによって意図的に軌道に乗せられなかったという政治的理由という説がある。[3]

一方、技術的な理由としてエネルギアから分離後180°ヨー軸が回転して90°ロール軸に回転してエンジンを点火して軌道に投入するように設計された。エネルギアは完全に作動したがエネルギアから分離後ポリウスは予定の180°ではなく360°回転してしまった。その時、ロケットに点火して減速して南太平洋上空の大気圏に突入した。この失敗は製造期日が短期間だったので慣性誘導装置の試験が不十分だった可能性がある。[4]

ポリウス計画の遺産はクバント2クリスタルスペクトルプリローダミールのモジュールと同様に国際宇宙ステーションザーリャとFGBに再利用された。

仕様[編集]

  • 全長: 37.00 m (121.39 ft)
  • 最大径: 4.10 m (13.5 ft)
  • 重量: 80,000 kg (180,000 lb)
  • 打ち上げ機: エネルギア
  • 投入軌道: 高度 280 km (170 mi), 軌道傾斜角64°
  • 照準装置: 光学, レーダー,低出力レーザーで最終的な照準設定
  • 武装: 1MW出力の炭酸ガスレーザー

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Konstantin Lantratov. “"Звёздные войны, которых не было" (Star Wars that didn't happen)”. 2009年閲覧。...
  2. ^ Bart Hendrickx and Bert Vis, Energiya-Buran: The Soviet Space Shuttle (Springer Praxis Books, 2007) Link
  3. ^ Yuri Kornilov. "Unknown Polyus". Earth and the Universe. 
  4. ^ Ed Grondine. “Polyus”. 2009年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]