ウルヴェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルヴェル
Ulver
ULVER KRAKÓW.JPG
ポーランドクラカウ公演でのウルヴェル
基本情報
出身地 ノルウェーの旗 ノルウェー オスロ
ジャンル ブラックメタル
フォークメタル
インダストリアル
フォーク・ソング
トリップ・ホップ
活動期間 1992年 -
レーベル Head Not Found
センチュリー・メディア・レコード
ジェスター・レコード
Kscope Music
メンバー Trickster G. (ボーカルプログラミング)
Tore Ylwizaker (キーボード、プログラミング)
Jørn H. Sværen (Miscellaneous)
Daniel O'Sullivan (ギターベース、キーボード)
旧メンバー A. Reza (ギター)
Grellmund (ギター)
Lemarchand (ギター)
Aismal (ギター)
Knut Magne Valle (ギター)
Mean (ベース)
Skoll (ベース)
Czral (ドラム)
AiwarikiaR (ドラム)
テンプレートを表示

ウルヴェル(Ulver)はノルウェーブラックメタルインダストリアルフォークトリップ・ホップバンド。アルバム毎に音楽性を変えるのが特徴である。「Ulver」はノルウェー語で「狼」の意で、英語読みでウルヴァーと表記される場合もある[1]

来歴・音楽的特徴[編集]

1992年にKristoffer Ryggを中心に結成され、デモとファーストアルバムを発表。

初期三作はブラックメタル三部作と呼ばれる。これらは17世紀のデンマーク出身で賛美歌を作曲していたThomas Kingoから影響を受けている[2]

ファーストアルバムは、アコースティックギターを駆使したフォークとブラックメタルの融合といえるサウンドである。その後に発売されたセカンドアルバムはフォークが全面に押し出されたアルバムであるが、サードアルバムはブラックメタルに戻っている。このサードアルバムがセンチュリー・メディアから配給され、国際的にデビュー。

1999年に出された4枚目のアルバムは、イギリスの詩人・画家のウィリアム・ブレイクの「天国と地獄の結婚」をテーマとしている。音楽性もインダストリアル的傾向が強くなり、いわゆるトリップ・ホップとなった。この作品の方向性を巡ってセンチュリー・メディアと対立した結果、Rygg以外のメンバーは総入れ替えとなり、レーベルを離脱した上で自身が設立したJester Recordsからの発表となったが、作品は好評をもって迎え入れられた。以後、実験的な要素も含め、アルバム毎に音楽性を変えた作品をリリースしている。

「Messe I.X-VI.X」の製作時には、ヘンリク・グレツキ交響曲第3番グスタフ・マーラーグスターヴ・ホルストWhenNurse with Woundのサウンドコラージュ、70年代のクラウトロックやシンセミュージック、アシュ・ラアウトバーン、80年代のポップ・スコア、ジョン・カーペンターTin Drumテリー・ライリー十字架のヨハネからの影響を語っている[3]

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

初期から順にGarm、G. Wolf、Trickster G、、Fiery G. Maelstrom、God Headなど多数の変名を用いている。アークチュラスBorknagarにも在籍した。
  • Tore Ylwizaker (Keyboards, Programming)
  • Daniel O'Sullivan (Guitar, Bass, Keyboards)
  • Jorn H. Svaren (Miscellaneous)

ディスコグラフィ[編集]

フルアルバム

  • 1995年 Bergtatt Et Eventyr i 5 Capitrer (1st)
Bergtattとはノルウェーの民話で使われる単語で、トロールや他の神話的生物によって山に迷い込んでしまうことである。
  • 1995年 Kveldssanger (2nd)
  • 1996年 Nattens Madrigal (3rd)
  • 1998年 Themes from William Blake's The Marriage of Heaven and Hell (4th)
  • 2000年 Perdition City (5th)
  • 2005年 Blood Inside (6th)
  • 2007年 Shadows of The Sun (7th)
  • 2011年 Wars of the Roses (8th)
  • 2012年 Childhood's End (9th)
60年代ロックのカバー集。
  • 2013年 Messe I.X-VI.X (10th)

その他

  • 1993年 Vargnatt (デモ)
  • 1999年 Metamorphosis (4曲入りEP)
  • 2001年 Silence Teaches You How To Sing (EP、限定)
  • 2001年 Silencing The Singing (EP、限定)
  • 2002年 Lyckantropen Themes (サウンドトラック)
  • 2003年 1993-2003: 1st Decade In The Machines (リミックス)
  • 2003年 A quick fix of Melancholy (4曲入りEP)
  • 2003年 Svidd Neger (サウンドトラック)
  • 2011年 The Norwegian National Opera (ライブDVD)
  • 2013年 Live at Roadburn (ライブ・アルバム)

脚注[編集]

  1. ^ Sunn O)))との共作 『テレストリアルズ』(2014年)の日本盤
  2. ^ http://www.jester-records.com/ulver/ulver_history.html
  3. ^ Ulver Kscope”. 2015年3月26日閲覧。