インド北東部地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インド北東部地震
インド北東部地震の位置(インド内)
インド北東部地震
震源の位置
本震
発生日 2011年9月18日
発生時刻 18時10分48秒(IST[1]
12時40分18秒(UTC[1]
震央 インドの旗 インド シッキム州
ガントクの北西68km
北緯27度43分22.8秒
東経88度3分50.4秒
震源の深さ 19.7km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)[1]6.9
最大震度    改正メルカリ震度[2]VII:(アメリカ地質調査所による推定)
被害
被害地域 インドの旗 インド
バングラデシュの旗 バングラデシュ
ネパールの旗 ネパール
ブータンの旗 ブータン
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示
USGSによる震度分布図

インド北東部地震(インドほくとうぶじしん)は、2011年9月18日18時10分(インド標準時)にインドで発生したモーメントマグニチュード(Mw)6.9の地震[3]震源はインドのシッキム州ネパールの国境付近でシッキム州の州都ガントクの北西68km。震源の深さは19.7km[1][3]シッキム地震ともいう。

被害[編集]

インドのシッキム州で50人、西ベンガル州で12人、ビハール州で6人[4]ネパールで9人、中華人民共和国チベット自治区シガツェ地区ドモ県でも7人[4][5]が犠牲となった。またシッキム州だけで10万戸以上の家屋が損壊[6]。被害は隣国のバングラデシュブータンにも及んだ。

地震によりシッキム州ガントクと震央マンガン英語版との間の道路が寸断され[7][8]、強雨、地滑りなどによっても救助活動は難航した[7]

ネパールで亡くなった死者の内3人はイギリス大使館の外壁が崩れて下敷きとなった犠牲者である[9][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Magnitude 6.9 - SIKKIM, INDIA - USGS
  2. ^ PAGER - M 6.9 - INDIA-NEPAL BORDER REGION - USGS
  3. ^ a b 印ネパール国境でM6・9 18人死亡、負傷者多数”. 産経新聞 (2011年9月19日). 2011年9月21日閲覧。
  4. ^ a b インド地震の死者81人に 中国でも死者7人・家屋被害”. CNN (2011年9月20日). 2011年9月21日閲覧。
  5. ^ インド北東部で地震、チベットでも7人が死亡、22人がケガ”. レコードチャイナ (2011年9月18日). 2011年9月21日閲覧。
  6. ^ 地震の死者数70人超 インド、10万戸超が損壊”. 産経新聞 (2011年9月20日). 2011年9月21日閲覧。
  7. ^ a b 【インド社会】インド北東部ヒマラヤ地震の死者74名に、強雨と地滑りで救助難航”. インドチャネル (2011年9月20日). 2011年9月21日閲覧。
  8. ^ 幹線道路、14カ所で寸断 インド地震、壊滅的被害も”. 産経新聞 (2011年9月21日). 2011年9月21日閲覧。
  9. ^ 地震:インド北東部でM6・9 68人死亡”. 毎日新聞 (2011年9月20日). 2011年9月21日閲覧。
  10. ^ 7 killed in Nepal as earthquake strikes Himalayan region”. dnaindia.com (2011年9月18日). 2011年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]