イワオウギ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワオウギ属
Hedysarum vicioides subsp. japonicum.JPG
イワオウギ(飯豊山
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: バラ目 Rosales
: マメ科 Fabaceae
: イワオウギ属 Hedysarum
学名
Hedysarum L.
  • 本文参照

イワオウギ属(イワオウギぞく、学名:Hedysarum、和名漢字表記:岩黄耆属)はマメ科の一つ。

特徴[編集]

多年草または半低木で、まれに低木になる。は奇数羽状複葉で、小葉の縁は全縁で小葉の付け根の小托葉を欠く。は総状花序をなし、色は紅紫色または淡黄色。豆果は節果になり1-数個の小節果からなる。

北半球の温帯から亜寒帯に約100種知られ、日本には2種ある。

日本の種[編集]

  • イワオウギ Hedysarum vicioides Turcz. subsp. japonicum (B.Fedtsch.) B.H.Choi et H.Ohashi var. japonicum (B.Fedtsch.) B.H.Choi et H.Ohashi
  • カラフトゲンゲ Hedysarum hedysaroides (L.) Schinz et Thell. -絶滅危惧IA類。

参考文献[編集]