イルデブランド・ダルカンジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イルデブランド・ダルカンジェロIldebrando D'Arcangelo, 1969年 - )は、イタリアのバリトンおよびバス歌手である。誕生の月日は非公開となっている。

略歴[編集]

1969年にイタリアのペスカーラで生まれる。1985年ペスカーラのLuisa D'Annuzio音楽学校でマリア・ヴィットーリア・ロマーノの指導の下で学び始め、その後、ボローニャでパリーデ・ヴェントゥーリ(Paride Venturi)の下で学ぶ。

イタリアのトレヴィーゾで開催されたトーティ・ダルモンテ・国際コンクールで、1989年モーツァルトドン・ジョヴァンニ』のマゼット、1991年にモーツァルト『コシ・ファン・トゥッテ』のドン・アルフォンソを歌って優勝する。その後、ウィーン国立歌劇場、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウス、パリのオペラ・バスティーユ、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場、ミラノ・スカラ座シカゴ・リリック・オペラザルツブルク音楽祭などの世界の主要な歌劇場に相次いで出演した。

多くの主要な歌劇場で、リッカルド・ムーティクラウディオ・アバドリッカルド・シャイーゲオルク・ショルティダニエレ・ガッティベルナルト・ハイティンクチョン・ミョンフンヴァレリー・ゲルギエフジョン・エリオット・ガーディナー小澤征爾クリストファー・ホグウッドニコラウス・アーノンクールアントニオ・パッパーノなど、多くの指揮者と共演している。

2009年4月にヘンデルのアリア集、2011年4月にモーツァルトのアリア集のソロCDをドイツ・グラモフォンからリリースしている。

ウィーン国立歌劇場における活躍と同歌劇場への貢献が高く評価され、2014年12月に名誉ある「オーストリア宮廷歌手」の称号を授与された。

モーツァルト作曲のオペラ、ドン・ジョヴァンニのタイトルロールが当たり役で、2014年夏のザルツブルク音楽祭では大絶賛されDVDも発売された。2012年にドイツ・グラモフォンから発売されたCDでも同名役を歌い、2015年9月の英国ロイヤルオペラハウス日本公演でも、同名役を歌い大成功を収めた。

2016年11月のウィーンオペラ座来日公演、ムーティ指揮の「フィガロの結婚」では、アルマヴィーヴァ伯爵役を歌い聴衆を魅了した。同名役は2015年11月にベルリン州立歌劇場でも歌い、テレビ放送もされて、各種メディアから高評価を得た。

2016年12月のNHK交響楽団創立90周年記念コンサート、ビゼー作曲「カルメン」のコンサート形式では、既に世界の一流オペラハウスで歌っている闘牛士役で観客を陶酔させた。このコンサート形式のカルメンは、2017年3月にテレビ放送予定。

レパートリー[編集]

DVD[編集]