ヴィンチェンツォ・ベッリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィンチェンツォ・ベッリーニ
Vincenzo Bellini
Vincenzo bellini.jpg
基本情報
生誕 1801年11月3日
シチリア王国の旗 シチリア王国 カターニア
死没 (1835-09-23) 1835年9月23日(満33歳没)
フランスの旗 フランス王国 パリ
学歴 ナポリ音楽院
ジャンル オペラ
職業 作曲家

ヴィンチェンツォ・ベッリーニVincenzo Bellini, 1801年11月3日 - 1835年9月23日)はシチリア島カターニアに生れ、パリ近郊で没した作曲家。主としてオペラの作曲家として有名である。名字はベルリーニベリーニとも表記される。1985年から1996年まで発行された5000イタリア・リレリラの複数形)紙幣に肖像が採用されていた。

ロッシーニドニゼッティとともに「ベルカント・オペラ」と称される19世紀前半のイタリアオペラを代表する作曲家である。中でも特にベッリーニについてはショパンベルリオーズワーグナーらの賞賛と愛情の言葉を得ている事で知られている。父親も祖父も音楽家であり、音楽を学ぶ前から作曲を始めたという神童であった。

  • 1819年(17歳)- 貴族の後援者を得てナポリの王立音楽院に入学。
  • 1825年(23歳)- 音楽院内で公演されたオペラの処女作『アデルソンとサルヴィーニ』が認められる。その後、オペラ『ビアンカとジェルナンド』、『海賊』の相次ぎ成功。
  • 1831年(29歳)- オペラ『夢遊病の女』を発表。大好評を博すが、自身では管弦楽法の未熟さを認識しており、改めて学習したと言われている。
  • 1835年(33歳)- 病を得て9月23日短い生涯を閉じた(慢性の腸疾患という)。パリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬されたが、その後遺体はカターニアに再埋葬された。

作品[編集]

歌劇[編集]

協奏曲[編集]

  • オーボエ協奏曲 変ホ長調

関連項目[編集]

外部リンク[編集]