イトゥルップ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イトゥルップ空港
Аэропорт Итуруп
IATA: ITU - ICAO: UHSI
概要
国・地域 ロシアの旗 ロシア
日本の旗 日本
所在地 イトゥルップ島 (択捉島)
種類 軍民共用[1]
標高 118 m (386 ft)
座標 北緯45度15分23秒 東経147度57分21秒 / 北緯45.25639度 東経147.95583度 / 45.25639; 147.95583座標: 北緯45度15分23秒 東経147度57分21秒 / 北緯45.25639度 東経147.95583度 / 45.25639; 147.95583
地図
イトゥルップ空港の位置
イトゥルップ空港の位置
ITU
イトゥルップ空港の位置
イトゥルップ空港の位置
ITU
イトゥルップ空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
13/31 No 2,300×42 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

イトゥルップ空港 (: Аэропорт Итуруп : Iturup Airport) は、ロシア サハリン州クリル管区イトゥルップ島 (北海道択捉島紗那村) にある空港である[2]

2015年1月16日、ヤースヌイ空港: Аэропорт Ясный, : Yasniy Airport)と名称が変更された[3][4]

択捉島を実効支配しているロシアによって2007年より建設され[5]、2013年夏には1,450メートルの滑走路が完成し、アントノフ 24が離着陸できるようになった。2014年8月1日[6]には、2,300メートルへの滑走路延長が完成予定とされ、[7][8]ボーイング737などに対応する。2014年9月22日、開港記念式典が行われ、オーロラによるユジノサハリンスクからの民間便が到着した[9][10][11]。 9月24日、セルゲイ・イワノフ大統領府長官が訪問し、菅義偉官房長官は遺憾の意を示した [12]

2017年9月23日、北方四島交流事業(ビザなし交流)により、元住民らが墓参のため訪問する際に利用された[13]

択捉島には旧日本軍が建設したブレヴェスニク空港(天寧飛行場)があり、ソ連、ロシアによって軍民共用飛行場として利用されてきた。霧が発生しやすく、老朽化、交通の便が悪いことなどから、クリリスク紗那)、レイドヴォ(別飛)に近い場所に空港が建設された。

就航路線[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]