ブレヴェスニク空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブレヴェスニク空港
Burevestnik-airbase.jpg
IATA: BVV - ICAO: UHSB
概要
国・地域 ロシアの旗 ロシア
日本の旗 日本
所在地 択捉島
運営者 ロシア軍
標高 16 m (52 ft)
座標 北緯44度55分10.1秒 東経147度37分18.9秒 / 北緯44.919472度 東経147.621917度 / 44.919472; 147.621917座標: 北緯44度55分10.1秒 東経147度37分18.9秒 / 北緯44.919472度 東経147.621917度 / 44.919472; 147.621917
地図
ブレヴェスニク空港の位置
ブレヴェスニク空港の位置
BVV
ブレヴェスニク空港の位置
ブレヴェスニク空港の位置
BVV
ブレヴェスニク空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
14/32 No 2,383×30 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ブレヴェスニク空港ロシア語:Аэропорт "Буревестник"アエラポールト・ブリヴィェースニク英語:Burevestnik Airport天寧飛行場)は、ロシア サハリン州 クリル管区イトゥルップ島ブレヴェスニク北海道択捉島留別村天寧)にある軍用の飛行場である[1]

概要[編集]

この飛行場は第二次世界大戦前に日本軍によって建設されたものであり、日本が敗戦によりこの地域の実効支配権を失うと同時にソ連軍に接収された。現在ロシア連邦が択捉島を実効支配しており、ロシア連邦軍のこの地域最大の軍用飛行場となっている。2008年現在、Google Earthの画像[2]によると、空港の舗装滑走路(陸軍飛行場)の1km北に並行して約1200m長、約70m幅の滑走路(海軍飛行場)が存在している。

1968年、アメリカ軍兵士を乗せ横田基地に向けて飛行していたシーボード・ワールド航空の民間チャーター機(ダグラスDC-8-63型機)が、ソ連軍機に強制着陸させられる事件が起きた。

イトゥルップ島の中心部クリリスク(紗那村)までは、舗装されていない道路で2時間以上かかる。冬季は雪上車の利用となる。

この空港は霧が発生しやすく、離着陸に支障があることから、2007年から新規にイトゥルップ空港の建設を開始し、[3]、2014年9月に開港した[4]。民間機の就航は新空港に移転したが、この空港は引き続き軍事用を主目的とする予定である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Карта аэродромов России
  2. ^ Google Map
  3. ^ Строительство нового аэропорта идет на Итурупе Администрация гражданских аэропортов (аэродромов)
  4. ^ ロシア、択捉島に新空港を開港 読売新聞 2014年9月22日

関連項目[編集]