アヴェンジド・セヴンフォールド (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アヴェンジド・セヴンフォールド
アヴェンジド・セヴンフォールドスタジオ・アルバム
リリース
録音 カリフォルニア州ハリウッド サンセット・サウンド・レコーダーズ
カリフォルニア州バーバンク エルドラド・レコーディング・スタジオ
カリフォルニア州ハリウッド キャピトル・スタジオ
ジャンル ヘヴィメタルハードロック
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース アヴェンジド・セヴンフォールド
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(アメリカ[1]
  • 12位(日本[2]
  • 24位(イギリス[3]
  • 37位(オーストラリア[4]
  • アヴェンジド・セヴンフォールド 年表
    シティ・オブ・イーヴル
    (2005年)
    アヴェンジド・セヴンフォールド
    (2007年)
    ライヴ・アンド・レア
    (2008年)
    ミュージックビデオ
    「Almost Easy」 - YouTube
    「Afterlife」 - YouTube
    「Dear God」 - YouTube
    テンプレートを表示

    アヴェンジド・セヴンフォールド』(Avenged Sevenfold)は、アメリカ合衆国ヘヴィメタルバンドアヴェンジド・セヴンフォールド2007年に発表した4作目のスタジオ・アルバムワーナー・ブラザース・レコード移籍後としては2作目に当たる。

    背景[編集]

    バンド初のセルフ・プロデュース作品で、ミキシングアンディ・ウォレスによる[5]。多数の外部ミュージシャンが起用されており、「アフターライフ」のみバンドだけで録音された[5]

    2007年9月18日には先行シングル「オールモスト・イージー」をiTunesで配信しており[6]、同曲のミュージック・ビデオモトリー・クルーマリリン・マンソンとの仕事で知られるP.R.ブラウンが監督した[7]。なお、本作のiTunesボーナス・トラックは、「オールモスト・イージー」からシニスター・ゲイツのギター・ソロを抜いた「jam-along」ヴァージョンで、購入したファンは自分のギター・ソロを作ってバンドの公式サイトにアップロードし、ゲイツが選んだ優勝者には彼のシグネイチャー・モデルのギターなどが贈られるというコンテストが行われた[8]

    そして、10月30日には本作がアメリカで発売され、メイキング映像を含むボーナスDVDが付属したヴァージョンも同時発売された[5]

    反響・評価[編集]

    母国アメリカのBillboard 200では4位に達して初のトップ10入りを果たし[1]、2008年9月にはRIAAによってゴールドディスクに認定された[9]。また、全英アルバムチャート[3]及びオーストラリアのアルバム・チャートで初のトップ50入りを果たす[4]

    本作は、イギリスのロック雑誌『ケラング!』が2008年8月21日に開催したケラング・アワードでベスト・アルバム賞を受賞した[10]

    収録曲[編集]

    全曲ともアヴェンジド・セヴンフォールド作。

    1. クリティカル・アクレーム "Critical Acclaim" – 5:14
    2. オールモスト・イージー "Almost Easy" – 3:54
    3. スクリーム "Scream" – 4:48
    4. アフターライフ "Afterlife" – 5:53
    5. ガンスリンガー "Gunslinger" – 4:11
    6. アンバウンド(ザ・ワイルド・ライド) "Unbound (The Wild Ride)" – 5:11
    7. ブロンプトン・カクテル "Brompton Cocktail" – 4:13
    8. ロスト "Lost" – 5:02
    9. ア・リトル・ピース・オブ・ヘヴン "A Little Piece of Heaven" – 8:00
    10. ディア・ゴッド "Dear God" – 6:33

    日本盤ボーナス・トラック[編集]

    1. オールモスト・イージー(ライヴ) "Almost Easy (Live)" – 3:52

    参加ミュージシャン[編集]

    アディショナル・ミュージシャン

    • ジェイミー・ムホベラック - ピアノオルガン(#1, #6, #8, #9)
    • Greg Kusten - ピアノ(#2)
    • グレッグ・リーズ - スティール・ギターバンジョー(#5, #10)
    • レニー・カストロ - パーカッション(#7)
    • ジェイ・E - プログラミング(#1, #3)
    • キャロライン・キャンベル - ヴァイオリン(#4, #7, #9)
    • ニール・ハモンド - ヴァイオリン(#4, #7, #9)
    • アンドリュー・ダックルス - ヴィオラ(#4, #7, #9)
    • キャメロン・ストーン - チェロ(#4, #7, #9)
    • マイルス・モズレイ - アップライト・ベース(#4, #7, #9)
    • ブランドン・フィールズ - アルト・サックス(#9)
    • ビル・リストン - アルト・サックス(#9)
    • デヴィッド・ボルフ - テナー・サックス(#9)
    • ラスティ・ヒギンズ - テナー・サックス、クラリネット(#9)
    • ジョエル・ペスキン - バリトン・サックス(#9)
    • ダン・フォレノ - トランペット(#9)
    • ウェイン・バーガロン - トランペット(#9)
    • アレックス・イレス - トロンボーン(#9)
    • ブルース・ファウラー - トロンボーン(#9)
    • シャンナ・クルックス - アディショナル・ボーカル(#5, #10)
    • ジュリエット・コマジェーレ - アディショナル・ボーカル(#9)
    • Annmarie Rizzo - バッキング・ボーカル(#6)
    • Zander Ayeroff - バッキング・ボーカル(#6)

    脚注[編集]