アヴェレージ・ホワイト・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アヴェレージ・ホワイト・バンドAverage White Band)はイギリス出身のファンクソウル/R&Bのバンド。

略歴[編集]

1971年にスコットランドで結成。1973年エリック・クラプトンのコンサートのサポートを務め、同年にデビューした。1974年ニューヨークへ渡り、2枚目のアルバム「AWB」を発表。アルバムからシングルカットされた「ピック・アップ・ザ・ピーセズ」は、1975年にインストゥルメンタル(歌なし)の曲としては異例の全米1位の大ヒットを記録した。

バンド名の通りメンバーは白人ながら(後に黒人メンバーも在籍)、音は非常に黒い。そのためホワイト・ソウル、ホワイト・ファンクと呼ばれることがある。

何度かのメンバーチェンジを経て、1980年にはディスコ調の「レッツ・ゴー・ラウンド・アゲイン」もヒットするがバンドは行き詰まり、1982年に解散した。1996年に再結成し、現在も活動中。

ディスコグラフィー[編集]

  • Show Your Hand (1973)
  • AWB (1974)
  • Cut The Cake (1975)
  • Soul Searching (1976)
  • Person To Person (live) (1976)
  • Benny & Us (1977)
  • Warmer Communications (1978)
  • Feel No Fret (1979)
  • Shine (1980)
  • Volume VIII (1980)
  • Cupid's In Fashion (1982)
  • Soul Tattoo (1997)
  • Face To Face (live) (1999)
  • Living In Colour (2003)
  • Greatest and Latest (2005)

外部リンク[編集]