アンリ・ドコワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンリ・ドコワン
Henri Decoin
生年月日 (1890-03-18) 1890年3月18日
没年月日 (1969-07-04) 1969年7月4日(79歳没)
出生地 フランスの旗 フランス共和国パリ
死没地 フランスの旗 フランスパリ
職業 映画監督脚本家
活動期間 1925-1964
テンプレートを表示

アンリ・ドコワンHenri Decoin1890年3月18日 パリ - 1969年7月4日 パリ)は、フランス脚本家映画監督である。

来歴・人物[編集]

1890年3月18日[1]、フランス・パリに生まれる。

ドコワンは、水泳水球というスポーツ競技で有名になった。1912年ストックホルムオリンピックで、フランス大学スポーツクラブ(SCUF)とともに500メートル自由形のフランスのチャンピオンのひとりになった。第一次世界大戦中は飛行士であり、市民生活に復帰してスポーツ・ジャーナリストとなった[2]。『L'Auto』誌、『ラントランシジャン L'Intransigeant』紙、『パリ=ソワール Paris-Soir』紙に書いた。

30代になってからの1920年代に、ヴィクトル・トゥールジャンスキーカルミネ・ガローネマリオ・カメリーニジャン・ドレヴィルといった監督の助監督をつとめる。1920年代半ばには、モーリス・シャンプルー監督の『Le roi de la pédale』やルネ・ル・ソンプティエ監督の『Le p'tit parigot』など、脚本を書き始める。

1926年、注目すべきさるボクシングの試合の話『Quinze Rounds(15ラウンド)』を出版し、つづいて、演劇と映画のためにも書いた。1929年からアシスタントをし、シナリオ(とくにカルミネ・ガローネ監督の『掻払いの一夜 Un soir de rafle』)に署名をつづけ、1933年には43歳で『トボガン Toboggan』で映画監督としてデビューする[2]

ドコワンはあらゆるジャンルへと切り替わっていった。シムノン原作の翻案(『家の中の見知らぬ者たち Les Inconnus dans la maison』、『ベベ・ドンジュの真相 La Vérité sur Bébé Donge』)、歴史もの(『L'Affaire des poisons』、『Le Masque de fer(鉄仮面)』)、スパイもの(『女猫 La Chatte』、探偵小説(『筋金を入れろ Razzia sur la chnouf』、『火薬に火 Le Feu aux poudres』)、心理ドラマ(『恋人たちは世にも孤独だ Les Amoureux sont seuls au monde』)…[2]

彼の技術的権威とエネルギーは、彼の映画それぞれに「良質の映画」に直線的に位置づけるレッテルを与えた[2]

1969年7月4日、パリで死去。79歳没。二人目の妻として女優ブランシュ・モンテル[2]、かつてはダニエル・ダリューと結婚していた(1935年 - 1941年9月6日離婚)。

フィルモグラフィー[編集]

[編集]

  1. ^ Internet Movie DatabaseHenri Decoinの項に1896年とあるのは誤り。
  2. ^ a b c d e 仏語版WikipediaHenri Decoinの項の記述より。

外部リンク[編集]