アンヌ・ド・フォワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツァンダレ=イ・アンナ
Candale-i Anna
フォワ=カンダル家
Anne de Foix-cut.jpg
ツァンダレ=イ・アンナ像(部分、1509年、リトムニェジツェ
称号 ハンガリー王妃・ボヘミア王妃
出生 1484年
死去 1506年7月26日
ハンガリー王国ブダ
埋葬 ハンガリー王国セーケシュフェヘールヴァール、聖イシュトヴァーン大聖堂
配偶者 ウラースロー2世
子女 アンナ
ラヨシュ2世
父親 ガストン2世
母親 カトリーヌ・ド・フォワ
テンプレートを表示

アンヌ・ド・フォワフランス語: Anne de Foix, 1484年 - 1506年7月26日)は、ハンガリーボヘミアの王ウラースロー2世の3番目の妃。家名はフォワ=カンダル(Foix-Candale)ともされる。ハンガリー語名はツァンダレ=イ・アンナCandale-i Anna)、チェコ語名はAnna z Foix a Candaleバスク語名はAna Kandalakoaオック語名はAna de Fois-Candala

生涯[編集]

フランス貴族フォワ伯家の傍系出身で、名目上のケンダル(カンダル)伯ガストン2世・ド・フォワと最初の妻であるナバラ王女カトリーヌ[1]の娘として生まれた。従妹ジェルメーヌ[2]とともに、フランス王ルイ12世の宮廷で従姉である王妃アンヌ・ド・ブルターニュ[3]に育てられた[4]

1502年、ウラースロー2世の3番目の王妃として迎えられた。政略結婚であったが、ウラースローとアンナの結婚は幸福なものであった。2人は1男1女をもうけた。

ラヨシュの出産後まもなく、22歳で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ フォワ伯ガストン4世とナバラ女王レオノールの三女。
  2. ^ ガストン4世とレオノールの三男ジャンの娘。母はルイ12世の姉マリー・ドルレアン。祖母レオノールの異母弟アラゴン王フェルナンド2世の後妻となった。
  3. ^ ガストン4世とレオノールの四女マルグリットの娘。
  4. ^ 他にフォワ家のいとことして、ナバラ王フランシスコ1世と女王カタリナの兄妹、ヌムール公ガストン(ジェルメーヌの弟)がいる。又従妹にはフランソワ1世の愛妾になったフランソワーズがおり、同じく王妃アンヌに育てられた


アンヌ・ド・フォワ血統(フォワ=カンダル家) (血統表の出典)
父系

ガストン2世・ド・フォワ
父の父
カンダル伯ジャン1世・ド・フォワ
カンダル伯ガストン1世・ド・フォワ ベアルン子爵アルシャンボー・ド・グライー
フォワ女伯イザベル
マルグリット・ダルブレ アルノー・アマニュー・ダルブレ
マルグリット・ド・ブルボン
父の母
マーガレット・ド・ラ・ポール
ジョン・ド・ラ・ポール サフォーク伯マイケル・ド・ラ・ポール
キャサリン・ドゥ・スタッフォード
マリア・ディーテ・ディ・シチリア

ナバラ王女カトリーヌ・ド・フォワ
フォワ伯ガストン4世 フォワ伯ジャン1世 ベアルン子爵アルシャンボー・ド・グライー
フォワ女伯イザベル
ジャンヌ・ダルブレ ドゥリュー伯シャルル1世・ダルブレ
マリー・ド・シュリー
母の母
ナバラ女王レオノール
アラゴン王フアン2世 アラゴン王フェルナンド1世
レオノール・デ・アルブルケルケ
ナバラ女王ブランカ1世 ナバラ王カルロス3世
レオノール・デ・トラスタマラ
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

参考文献[編集]

  • Anthony, Raoul “Identification et Etude des Ossements des Rois de Navarre inhumés dans la Cathédrale de Lescar”(1931年、Paris, Masson)
  • Kropf, Lajos(ラヨシュ・クロフ) “Anna királyné, II. Ulászló neje ”(ウラースロー2世の王妃アンナ)(Századok (世紀雑誌)、1895年、pp.689-709)

外部リンク[編集]