レオノール・デ・トラスタマラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオノール・デ・トラスタマラ
Leonor de Trastámara
ナバラ王妃
Leonor de trastamara.jpg
出生 1363年
死去 1416年2月27日
埋葬  
パンプローナ大聖堂
配偶者 ナバラカルロス3世
子女 本文参照
父親 カスティーリャエンリケ2世
母親 フアナ・マヌエル・デ・カスティーリャ
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

レオノール・デ・カスティーリャ(Leonor de Castilla)またはレオノール・デ・トラスタマラ(Leonor de Trastámara, 1363年頃 - 1416年2月27日)は、ナバラカルロス3世の王妃。父はカスティーリャエンリケ2世、母は王妃フアナ・マヌエルフアン1世の姉。フランス名はエレオノール・ド・カスティーユ(Éléonore de Castille)。

1375年にカルロス3世と結婚し、2男6女をもうけたが、男子はいずれも夭逝した。

  • ブランカ(1385年 - 1441年) - ナバラ女王
  • フアナ(1386年 - 1413年)
  • マリア(1388年 - 1425年)
  • マルガリータ(1390年 - 1425年)
  • ベアトリス(1392年 - 1415年)
  • イサベル(1395年 - 1435年)
  • カルロス(1397年 - 1402年) - ビアナ公
  • ルイス(1402年) - ビアナ公