アンナ・フォン・エスターライヒ (1432-1462)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンナ・フォン・エスターライヒ
Anna von Österreich
Anna Austria.jpg
出生 (1432-04-12) 1432年4月12日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ウィーン
死去 (1462-11-13) 1462年11月13日(30歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国エッカルツベルガ
埋葬  
フリードリヒスローダ、ラインハルツブルン修道院
配偶者 テューリンゲン方伯ヴィルヘルム3世
子女 マルガレーテ
カタリーナ
父親 ローマ王アルブレヒト2世
母親 エリーザベト・フォン・ルクセンブルク
テンプレートを表示

アンナ・フォン・エスターライヒ(Anna von Österreich, 1432年4月12日 - 1462年11月13日)は、ローマ王アルブレヒト2世の娘で、テューリンゲン方伯ヴィルヘルム3世の最初の妻。ボヘミア王ハンガリー王ラディスラウス・ポストゥムスポーランド王妃エリーザベトの姉である。

生涯[編集]

オーストリア公アルブレヒト5世(のちのローマ王アルブレヒト2世)とその妃で神聖ローマ皇帝(当時はローマ王)ジギスムントの娘であるエリーザベトとの間の第1子、長女として生まれた。1439年に父を、1442年に母を幼くして亡くす。1446年6月20日にイェーナにおいて、14歳でザクセン選帝侯フリードリヒ1世の末息子ヴィルヘルムと結婚した。アンナは結婚に際してオーストリア家領の相続権は放棄したが、父アルブレヒトが主権を有したボヘミア、ハンガリーその他の領土については継承権を放棄したわけではなかった。アンナの母エリーザベトは、同族の従姉エリーザベト・フォン・ゲルリッツが1441年にブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)にルクセンブルク公領を売却したことを認めていなかった。ヴィルヘルムは妻方の権利を盾に公領を占領したが、すぐにブルゴーニュ軍によって領外へ追い出された。1457年にアンナの弟ラディスラウスが死去すると、ヴィルヘルムはルクセンブルク公を自称した。

その後、ヴィルヘルムは妻を捨てて愛妾のカタリーナ・フォン・ブランデンシュタイン(Katharina von Brandenstein)と同棲し、アンナはエッカルツベルク城(Eckartsburg)に幽閉されて死ぬまでこの城で過ごした。アンナは一度だけ夫に復縁を願いに行ったが、夫から顔に木靴を投げつけられる侮辱的な扱いをされ、即座に城に逃げ帰ったという[1]。アンナが1463年に死ぬと、ヴィルヘルムはすぐに愛妾カタリーナと再婚した。アンナの遺骸はフリードリヒスローダのラインハルツブルン修道院(Kloster Reinhardsbrunn)に葬られた。

子女[編集]

夫との間に2人の娘をもうけた。

参考文献[編集]

  • Constantin von Wurzbach: Habsburg, Anna von Oesterreich (1432–1462). Nr. 22. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. Band 6. Verlag L. C. Zamarski, Wien 1860, S. 150.
  • Eberhard Holtz, Michael Lindner, Peter Moraw: Akkulturation und Selbstbehauptung S. 336 (Digitalisat)
  • Hermann Meynert: Geschichte Oesterreich's, seiner Völker und Länder, Volumes 1-2, S. 329 (Digitalisat)
  • Eduard Maria von Lichnowsky: Geschichte des Hauses Habsburg, S. 3 f. (Digitalisat)

脚注[編集]

  1. ^ Joseph Chmel, Karl Friedrich Wilhelm Lanz: Monumenta habsburgica: Sammlung von actenstücken und briefen zur ..., Volume 1, S. 80

外部リンク[編集]