エリーザベト・フォン・ルクセンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリーザベト・フォン・ルクセンブルク

エリーザベト・フォン・ルクセンブルク(Elisabeth von Luxemburg, 1409年10月7日 - 1442年12月19日)は、ルクセンブルク家神聖ローマ皇帝およびボヘミアハンガリーの王ジギスムントと2番目の妃バルバラ・ツェリスカの一人娘。チェコ語名アルジュビェタ(Alžběta Lucemburská)、ハンガリー語名エルジェーベト(Luxemburgi Erzsébet)。ルクセンブルク家最後のルクセンブルク領主であるエリーザベト・フォン・ゲルリッツは従姉にあたる。

生涯[編集]

1422年ハプスブルク家オーストリア公アルブレヒト5世と結婚した。エリーザベトの同名の伯母は夫の祖父アルブレヒト3世の最初の妃であったが、子供をもうけることなく早世していた。

1437年に死去した父ジギスムントには男子の継承者がおらず、娘婿であるアルブレヒトが翌1438年に皇帝(正しくはローマ王)アルブレヒト2世となり、ボヘミアとハンガリーの王位も継承した。しかし、アルブレヒトは皇帝としての戴冠をはたせないまま、翌1439年に死去した。エリーザベトは翌1440年にアルブレヒトの子ラディスラウスを産んだが、2年後の1442年に死去した。

アルブレヒト2世とエリーザベトの間には他に2女がいた。長女アンナ(1432年 - 1462年)はテューリンゲン方伯ヴィルヘルム3世ザクセン選帝侯フリードリヒ1世の4男)と結婚した。ヴィルヘルム3世は妻の権利によって1457年から1469年まで名目上のルクセンブルク公となった。次女エリーザベト(1438年 - 1505年)はポーランド王カジミェシュ4世と結婚した。その長男ヴワディスワフ(ウラースロー2世)はボヘミアとハンガリーの王になった。