アンドレ・ガウヴァオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はレイチ第二姓(父方の)はガウヴァオンです。
アンドレ・ガウヴァオン
Andrea Galvao.jpg
基本情報
本名 アンドレ・ルイス・レイチ・ガウヴァオン
(André Luis Leite Galvão)
通称 柔術怪童
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1982-09-29) 1982年9月29日(35歳)
出身地 サンパウロ州サンパウロ
所属 T&T柔術
→チーム・ブラサ
→ムエタイ・カレッジ/チーム・ノゲイラ
身長 171cm
体重 76kg
階級 ウェルター級
バックボーン ブラジリアン柔術
テーマ曲 MIGHTY KING
(Ron Kenoly)
テンプレートを表示
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
男子 グラップリング
アブダビコンバット
2007 トレントン 77kg級
2007 トレントン 無差別級
2009 バルセロナ 88kg級
2011 ノッティンガム 88kg級
2011 ノッティンガム 無差別級

アンドレ・ガウヴァオンAndré Galvão1982年9月29日 - )は、ブラジル男性柔術家総合格闘家サンパウロ州出身。ムエタイ・カレッジ/チーム・ノゲイラ所属。ブラジリアン柔術三段。姓の表記に関してはガルバオンガウボンなどの異同がある。

怪童」と呼ばれ、柔術中量級ではマルセロ・ガッシアと並ぶトップ選手であり、無差別級でも結果を残した。

来歴[編集]

2004年世界柔術選手権の茶帯メジオ(-79kg)級と無差別級で優勝した。

2005年3月に黒帯に昇格し、パンアメリカン柔術選手権・ブラジル柔術選手権・世界柔術選手権のメジオ級で三冠を達成する(ブラジル柔術選手権では無差別級も優勝)。

2006年、世界柔術選手権では6年振りに復帰したニーノ・"エルビス"・シェンブリを破って決勝進出を果たすも、決勝ではマルセロ・ガッシアに敗れ2位に終わる。

2007年3月、アブダビコンバットブラジル予選に出場、ミルトン・ヴィエイラ、ダニエル・モラエスを破り、ハイレベルな予選を突破する。5月の本大会では-77kg未満級で3位に入賞、無差別級でもファブリシオ・ヴェウドゥムアレッシャンドリ・カカレコという重量級選手を破り3位入賞を果たした。8月のムンジアルでは同門のルーカス・レイチと優勝を分け合っている(記録上は2位)。

2008年4月のパンナムで1階級上げたメイオペサード級(-85kg)と無差別級で2冠を飾る。5月に来日し出場したヒクソン・グレイシー国際カップでも2冠を達成した。6月のムンジアルでは階級別で優勝、無差別級では準決勝でホジャー・グレイシーに敗れ3位に入賞した。

2008年8月30日に総合格闘技デビュー、ジェレミア・メトカルフに一本勝ちし、初勝利を収めた。

2009年4月5日、DREAM初参戦となったDREAM.8のウェルター級(-76kg)グランプリ1回戦でジョン・アレッシオと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。7月20日、DREAM.10のウェルター級グランプリ準決勝でジェイソン・ハイと対戦し、1-2の判定負け。

2010年3月26日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce Challengers 7でルーク・スチュアートと対戦し、2-1の判定勝ち。

2011年9月、ADCC 2011の88kg未満級出場し、決勝戦でホジマール・パリャーレスを破り優勝。無差別級にも出場し、決勝戦で88kg未満級の準決勝と同じ対戦カードとなったパブロ・ポポビッチを破り2冠を達成した。

2013年10月、ADCC 2013のスーパーファイト王座決定戦でブラウリオ・エスティマと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ちを収め王座獲得に成功した。

2015年8月、ADCC 2015のスーパーファイト選手権試合でホベウト・サイボーグと対戦し、ポイント勝ちを収め初防衛に成功した[1]

人物・エピソード[編集]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
7 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 1 3 1 0 0 0
2 1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× タイロン・ウッドリー 1R 1:48 KO(右ストレート→パウンド) Strikeforce: Diaz vs. Noons 2 2010年10月9日
ジョルジ・パチーユ・マカコ 3R 2:45 TKO(パウンド) Strikeforce: Houston 2010年8月21日
ルーク・スチュアート 5分3R終了 判定2-1 Strikeforce Challengers 7 2010年3月26日
× ジェイソン・ハイ 2R(10分/5分)終了 判定1-2 DREAM.10 ウェルター級グランプリ2009 決勝戦
【ウェルター級グランプリ 準決勝】
2009年7月20日
ジョン・アレッシオ 1R 7:34 腕ひしぎ十字固め DREAM.8 ウェルター級グランプリ2009 開幕戦
【ウェルター級グランプリ 1回戦】
2009年4月5日
マイキー・ゴメス 1R 3:59 腕ひしぎ十字固め Fight Sport Championship: Evolution 2008年12月14日
ジェレミア・メトカルフ 2R 2:05 腕ひしぎ十字固め JG and TKT Promotions: Fighting 4 Kidz 2008年8月30日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ホベウト・サイボーグ ポイント6-0 ADCC Worlds 2015
【ADCCスーパーファイト選手権試合】
2015年8月30日
チェール・ソネン 13:50 リアネイキドチョーク Metamoris 4 2014年8月9日
ブラウリオ・エスティマ リアネイキドチョーク ADCC Worlds 2013
【ADCCスーパーファイト王座決定戦】
2013年10月20日

獲得タイトル[編集]

  • 第7回アブダビコンバット 77kg未満級 3位・無差別級 3位(2007年)
  • 第8回アブダビコンバット 88kg未満級 準優勝(2009年)
  • 第9回アブダビコンバット 88kg未満級 優勝・無差別級 優勝(2011年)
  • 世界柔術選手権 茶帯メジオ級・アブソルート級 優勝(2004年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メジオ級 優勝(2005年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メジオ級 準優勝(2006年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メジオ級 準優勝(2007年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メイオペサード級 優勝・アブソルート級3位(2008年)
  • 世界柔術選手権 黒帯ヘビー級 優勝(2014年)
  • 世界柔術選手権 黒帯ヘビー級 優勝(2016年)
  • パンアメリカン柔術選手権 茶帯メジオ級 優勝(2004年)
  • パンアメリカン柔術選手権 黒帯メジオ級 優勝(2005年)
  • パンアメリカン柔術選手権 黒帯メジオ級 優勝(2006年)
  • パンアメリカン柔術選手権 黒帯メイオペサード級 優勝・アブソルート級 優勝(2008年)
  • ADCCスーパーファイト王座(2013年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]