アンドレイ・ジェハノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレイ・イリイチ・ジェハノフ
Андрей Ильич Жеханов
生年月日 1884年
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ニジニ・ノヴゴロド県ロシア語版ニジニ・ノヴゴロド郡ロシア語版ニジニ・ノヴゴロド
没年月日 1924年4月28日
(または5月5日
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国モスクワ県モスクワ郡ロシア語版モスクワ
前職 事務員など
所属政党ロシア社会民主労働党→)
ボリシェヴィキ

ロシア共産党バシキール州委員会
責任書記
在任期間 1922年4月 - 9月

ロシア共産党(ボ)ツァリーツィン県委員会
責任書記
在任期間 1923年3月16日 - 1924年4月28日
テンプレートを表示

アンドレイ(アレクセイ[1])・イリイチ・ジェハノフロシア語: Андрей (Алексей) Ильич Жеханов, ラテン文字転写: Andrei (Aleksei) Il'ich Zhekhanov, 1884年 - 1924年4月28日〈または5月5日〉)は、ロシアの革命家・政治家。

生涯[編集]

前半生[編集]

1884年ロシア帝国ニジニ・ノヴゴロド県ロシア語版ニジニ・ノヴゴロドに生まれた[2]1897年から鉱山、ニジニ・ノヴゴロドの倉庫、コヴロフサンクトペテルブルクの鉄道で働き、1905年ロシア社会民主労働党に入党した頃はモスクワで事務員や運転手として働いていた[2]。同年12月には革命運動によって逮捕されてニジニ・ノヴゴロドに追放され、翌1906年にも逮捕され1か月間投獄された[2]。同年から1908年までは従軍したが、三度逮捕されオリョール県ロシア語版へ追放された[2]。翌1909年1910年にも逮捕されている[2]

1914年から1917年までは再度従軍し上級下士官に就いたが、壊血病によりペトログラードへ送還された[2]。同年5月27日にボリシェヴィキとなり、ペトログラード市連隊委員会議長やヴァシレフスキー・オストロフ地区ロシア語版革命委メンバーを務め[2]、10月25日の冬宮襲撃ロシア語版にも参加した[3]。翌1918年にはフィンランドの作戦参謀部で働き負傷した[2]1919年1月1日にはニジニ・ノヴゴロド県ボゴロツクロシア語版郷執行委労働委員、3月28日からは同委労働保護部部長に就いた[2]。8月18日までは赤軍東部戦線ロシア語版第249狙撃連隊で活動し、負傷した[2]

ニジニ・ノヴゴロドでの活動[編集]

復員後は12月24日まで党パヴロヴォロシア語版郡 (ru) 委煽動・宣伝部部長、同日から翌1920年11月17日まで責任書記、同月8日から翌1921年2月24日までニジニ・ノヴゴロド県委組織・指導部部長、同年4月18日から6月21日までヴォスクレセンスコエロシア語版郡 (ru) 委責任書記、同月29日から翌7月23日までヴィクサロシア語版郡 (ru) 委責任書記、翌8月21日からはニジニ・ノヴゴロド郡ロシア語版委人員粛清委議長を歴任した[2]。同時期の1920年から1921年11月24日までニジニ・ノヴゴロド市ソビエトの、1920年2月17日から7月6日までパヴロヴォ郡執行委の、10月20日から11月8日まで党ニジニ・ノヴゴロド県監査委の、同日から翌1921年2月23日と6月14日から8月21日まで党県委局の、4月27日から12月10日までヴォスクレセンスコエ郡PB幹部会のメンバーを、6月14日から県労農消費者団体連合理事会メンバー候補を務めた[2]。第3回から第7回までの県ソビエト大会英語版と第9回から第13回までの県党会議にも出席した[2]

後半生[編集]

1921年9月には党中央委キルギス自治社会主義ソビエト共和国ロシア語版人員粛清委メンバーに就き、翌1922年4月から9月まではバシキール州委責任書記を、11月から翌1923年3月16日まではツァリーツィン県 (ru) 委組織・指導部部長を、同日からは責任書記を務めた[2]

その他、第11回党全ロシア会議と第2回ロシア語版・第3回 (ru)・第7回・第8回 (ru)・第11回の全ロシア・ソビエト大会英語版第12回党大会ロシア語版、第4回全ロシア労組大会にも出席し、1924年1月29日には全ロシア中央執行委ロシア語版の、2月2日にはソビエト連邦中央執行委のメンバー候補ともなった[2]。しかし、党ツァリーツィン県委責任書記在職中の1924年4月28日(または5月5日[4])にモスクワで自殺した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Жеханов Алексей Ильич”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2018年8月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Жеханов Андрей Ильич”. Нижегородчина. 2018年8月11日閲覧。
  3. ^ Первые секретари Уфимского губкома, Башкирского обкома, Башкирского рескома партии (PDF)”. Архивы Башкортостана. p. 3. 2018年8月11日閲覧。
  4. ^ ЖЕХАНОВ / Г. Д. Иргалин // В — Ж. — Уфа : Башкирская энциклопедия, 2006. — (Башкирская энциклопедия : [в 7 т.] / гл. ред. М. А. Ильгамов ; 2005—2011, т. 2).
党職
先代:
シャギト・フダイベルディンロシア語版
ロシア共産党(ボ)バシキール州委員会責任書記
1922年4月 - 9月
次代:
ボリス・ニンヴィツキー
先代:
ニコライ・ドネンコ
ロシア共産党(ボ)ツァリーツィン県委員会責任書記
1923年3月16日 - 1924年4月28日
次代:
ボリス・シェボルダエフロシア語版
先代:
ミハイル・チェルィシェフ
ロシア共産党(ボ)ニジニ・ノヴゴロド県委員会組織・指導部部長
1920年11月8日 - 1921年2月24日
次代:
セルゲイ・コルシュノフ
先代:
ドミトリー・ダニロフ
ロシア共産党(ボ)パヴロヴォ郡委員会責任書記
1919年12月24日 - 1920年11月17日
次代:
ミハイル・ポジン
先代:
ニカンドル・アヴデーエフ
ロシア共産党(ボ)ヴォスクレセンスコエ郡委員会責任書記
1921年4月18日 - 6月21日
次代:
ヴァシリー・ゴロヴィン
先代:
ニコライ・リチュノフ
ロシア共産党(ボ)ヴィクサ郡委員会責任書記
1921年6月29日 - 7月23日
次代:
イヴァン・ジノヴィエフ
先代:
イヴァン・コミッサーロフ
ロシア共産党(ボ)パヴロヴォ郡委員会煽動・宣伝部部長
1919年 - 1919年12月24日
次代:
ミハイル・セスラヴィンスキー