アンドレイ・ゴルベフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドレイ・ゴルベフ
Andrey Golubev
Tennis pictogram.svg
Golubev MA14 (4) (14403051656).jpg
アンドレイ・ゴルベフ
基本情報
フルネーム Andrey Aleksandrovitch Goloubev
国籍 ロシアの旗 ロシア (2005–2008) →
 カザフスタン (2008-現在)
出身地 ロシア・ヴォルシスキー
居住地 カザフスタン・アスタナ
生年月日 (1987-07-22) 1987年7月22日(30歳)
身長 183cm
体重 79kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2010・12)
全仏 2回戦(2009)
全英 1回戦(2009・10・11・14)
全米 2回戦(2008)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2015)
全仏 ベスト4(2014)
全英 2回戦(2010)
全米 1回戦(2009・10・14)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 33位(2010年10月4日)
ダブルス 65位(2015年3月23日)
2017年7月29日現在

アンドレイ・アレクサンドロヴィチ・ゴルベフAndrey Golubev, ロシア語: Андре́й Алекса́ндрович Го́лубев, 1987年7月22日 - )は、カザフスタンの男子プロテニス選手。ソビエト連邦(現ロシア)領のヴォルシスキー生まれで、現在はカザフスタンのアスタナに在住している。これまでにATPツアーでシングルスで1勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス33位、ダブルス65位。身長183cm、体重79kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

来歴[編集]

ゴルベフは6歳でテニスを始め、2005年にプロに転向。2008年からはカザフスタン国籍で大会に出場している。

2010年7月のドイツ国際オープンの決勝でユルゲン・メルツァーを6–3, 7–5で破りツアー初優勝を果たした。これはカザフスタン選手として初めてのATPツアー優勝である[1]。2010年10月4日のランキングで自己最高の33位を記録している。

2014年3月のスイスとのデビスカップ準々決勝では第1戦で当時世界ランキング3位のスタニスラス・ワウリンカを7-6(5), 6-2, 3-6, 7-6(5)で破り、アレクサンドル・ネゾベソフと組んだダブルスもフェデラー/ワウリンカ組に6-4, 7-6(5), 4-6, 7-6(5)で勝利し2勝を挙げた。しかし2勝2敗で迎えた最終試合でゴルベフはロジャー・フェデラーに6-7(0), 2-6, 3-6で敗れチームも2勝3敗で敗退した[2]

ゴルベフは4大大会のシングルスでは2回戦進出が最高成績であるが、2014年全仏オープン男子ダブルスサム・グロスと組みベスト4に進出している。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 3回 (1勝2敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (1-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (0–2)
サーフェス別タイトル
ハード (0–2)
クレー (1-0)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2008年10月26日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク ハード (室内) イギリスの旗 アンディ・マリー 1–6, 1–6
優勝 1. 2010年7月25日 ドイツの旗 ハンブルク クレー オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー 6–3, 7–5
準優勝 2. 2010年10月3日 マレーシアの旗 クアラルンプール ハード (室内) ロシアの旗 ミハイル・ユージニー 7–6(2), 2–6, 6–7(3)

ダブルス: 1回 (0勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2014年8月2日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー イタリアの旗 ダニエレ・ブラッチアリ フィンランドの旗 ヘンリ・コンティネン
フィンランドの旗 ヤルコ・ニエミネン
1–6, 4–6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 通算成績
全豪オープン LQ LQ 1R 2R 1R 2R LQ 1R 1R LQ LQ 2–6
全仏オープン A LQ 2R 1R 1R LQ LQ 1R 1R LQ A 1–5
ウィンブルドン LQ LQ 1R 1R 1R A A 1R A LQ A 0–4
全米オープン A 2R 1R 1R 1R LQ LQ 1R LQ LQ 1–5

脚注[編集]

外部リンク[編集]

受賞
先代:
アメリカ合衆国の旗 ジョン・イスナー
ATP最も上達した選手賞
2010年
次代:
アメリカ合衆国の旗 アレックス・ボゴモロフ・ジュニア