アンディ・ティモンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンディ・ティモンズ
Andy Timmons
Madrid-Andy Timmons (2010).jpg
アンディ・ティモンズ(2010年)
基本情報
生誕 (1963-07-26) 1963年7月26日(58歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州エバンズビル
学歴 マイアミ大学
ジャンル インストゥルメンタル・ロック
ハードロック
グラム・メタル
ブルースロック
フュージョン
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1982年 -
レーベル Favored Nations
共同作業者 デンジャー・デンジャーG3サイモン・フィリップス
公式サイト www.andytimmons.com
著名使用楽器
アイバニーズ社製のシグネチャモデル

アンディ・ティモンズAndy Timmons1963年7月26日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックス生まれのギタリストマイアミ大学卒。ジャズフュージョンからロックまで弾きこなす、テクニカルギタリストとして著名。

来歴[編集]

マイアミ大学で音楽理論等を学ぶ。その後様々なバンドを経てデンジャー・デンジャーに加入。その名を知られるようになる。デンジャー・デンジャーでの活動(現在は脱退している)のかたわらソロ・アルバムの製作もコンスタントに行い、2009年までにソロ5作品を発表している。現在はギター演奏活動のかたわら、オリビア・ニュートンジョン等の著名なアーティストとの競演、音楽プロデューサーとしての活動など、幅広い活動を行っている。現在テキサス州マッキニー在住。

機材[編集]

アイバニーズ社製のシグネチャモデルのギターを使用。

※2008年、「アイバニーズ」との長年にわたるエンドース契約を終了したと発表していたが、2009年2月現在、アイバニーズの公式サイトには新たなシグネチュアモデルのギター「AT100CL」を製作・リリースしたことが公表されており、現在も契約を続けていると思われる。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 『イヤー・エクスタシー』 - Ear X-Tacy (1994年)
  • 『イヤー・エクスタシー2』 - Ear X-Tacy 2 (1997年)
  • Orange Swirl (1998年)
  • 『スポークン・アンド・アンスポークン』 - The Spoken and the Unspoken (1999年)
  • And-Thology 1 & 2 (2001年)
  • 『ザット・ワズ・ゼン、ディス・イズ・ナウ』 - That Was Then, This Is Now (2002年) ※コンピレーション
  • Here Comes the Son - An Acoustic Christmas (2006年)
  • Andy Timmons Band Plays Sgt. Pepper (2011年)
  • Theme From A Perfect World (2016年)

アンディ・ティモンズ&ザ・ポーン・キングス[編集]

  • Andy Timmons and the Pawn Kings (1995年)
  • Andy Timmons and the Pawn Kings Live (1998年)

アンディ・ティモンズ・バンド[編集]

  • 『レゾリューション』 - Resolution (2006年)
  • Andy Timmons Band Plays Sgt. Pepper (2011年)
  • Theme from a Perfect World (2016年)

デンジャー・デンジャー[編集]

  • 『デンジャー・デンジャー』 - Danger Danger (1989年)
  • Down and Dirty Live (1990年) ※EP
  • 『スクリュー・イット!』 - Screw It! (1991年)
  • Cockroach (2001年)

サイモン・フィリップス[編集]

  • 『アナザー・ライフタイム〜トニー・ウィリアムスに捧ぐ』 - Another Lifetime (1998年)
  • 『アウト・オブ・ザ・ブルー』 - Out of the Blue (1999年) ※ライブ
  • 『プロトコル2』 - Protocol II (2013年)
  • 『プロトコル3』 - Protocol III (2015年)

キップ・ウィンガー[編集]

  • 『キップ・ウィンガー・ソロ』 - This Conversation Seems Like a Dream (1996年)
  • 『ソングス・フロム・ジ・オーシャン・フロアー』 - Songs From The Ocean Floor (2000年)

外部リンク[編集]